2019年8月のおすすめライトノベル


毎日雨ばかりで洪水警報にハラハラしていたら残暑でバテたみかこです。こんにちは。
8月は読書が捗り、なんと50冊も読んでしまいました。こんなに読んだのは数年ぶり。
おかげで積んでいたシリーズを順調に消化でき、正月に掲げた年間目標をクリアできそうです。珍しい。
9月もどしどし読んでいきたいと思います。

それでは、8月に読んだ本の中からおすすめを紹介したいと思います。
どうぞお付き合いくださいませ(^^)/

 

 

吸血鬼に天国はない /周藤漣


「賭博師は祈らない」のコンビによる新シリーズ開幕。
非合法な運び屋の青年と、孤独な吸血鬼の少女の出会いと恋を描いたファンタジーです。
マフィアに追われ命がけで逃げる一方で、じわりと侵されるような温もりを感じる二人きりの日々。
その先にどんな運命が待っているのか。できればネタバレを踏まずに見届けてほしい。
ニヒルを気取ったセンチメンタル男の湿めっぽさが最高なのです。

感想記事はこちらから

 

むしめづる姫宮さん /手代木正太郎


「悪い虫」に憑かれた少年が、同じように虫に憑かれた人々を助けるため、お節介に奔走する青春ファンタジー。
密かに悩みや願いを抱えた少年少女が呼び寄せる「虫の魂」。
その正体を探るなかで、彼らは自分の心に向き合っていくことになります。
普段は卑屈でちっさい主人公なのだけど、誰かのために戦う姿がとても格好いい。
虫オタクなヒロインとのバディものとしても楽しい作品でした。
二人揃って小物っぽくて愛嬌たっぷりなところが大好き(笑)

感想記事はこちらから

 

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない /しめさば


ダンジョン近くにたつ本屋で働く虚弱な青年が、その知識を買われてダンジョンに連れ出されてしまう冒険ファンタジー。
最弱主人公が悲鳴をあげながら走り回る姿が面白く、歩けば転び、転べば骨折という振り切った弱さに笑うしかありません。
そんな有様だけに、ボロボロになっても頑張る姿に胸が熱くなるのだ・・・・・・
掛け合いのテンポの良さも最高で、サクサク読めてとても満足できる1冊でした。

感想記事はこちらから

 

偏屈王の妖精画家 美を愛でる令嬢は筋肉がお好き /彩本和希


筋肉フェチな妖精画家と、素晴らしき筋肉を持つ青年国王の出会いから始まるファンタジー。
コンプレックスをこじらせた王様の心を、優しい言葉で解きほぐしていくヒロインの言動がとても素敵でした。その姿はまさに推しをプレゼンするオタク。
妖精絡みの不思議な現象を主役二人が解き明かしていくストーリーとしても面白い作品でした。
少女小説らしい少女小説といった感じでおすすめですよ。

感想記事はこちらから

 

悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。 /秋桜ヒロロ


乙女ゲーム悪役令嬢転生+男装学園もの。
色々とベタだけど、キャラの心情をとても丁寧に描かれており、読み応えのある良作だと思います。
Wヒーローものなんだけど、私は毒舌苦労人な義弟推し。主人公と二人三脚で運命に立ち向かう相棒っぽさが良かったから。
でも天然不憫属性の婚約者も良キャラなんだよな〜。
とても愉快な三角関係を楽しめる作品だと思います。シリーズ化待ち。

感想記事はこちらから

 

Cocoon 修羅の目覚め /夏原エヰジ


吉原一の花魁にして、江戸の街に現れる「鬼」を討伐する組織の長。
男たちを惑わす美しさと鬼を切り伏せる強さを兼ね備えた、格好いい女主人公の和風活劇です。
男女の愛憎が渦巻く吉原の耽美な世界観も堪能できる本作。
表紙にピンときた和風FT好きの方なら、読んで損はないと思います。
ちなみにシリーズ化決定済みで第5巻まで出るらしい。

感想記事はこちらから

 

託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 /霜月りつ


男子禁制の奥宮を舞台に、腕利きの青年巫師と真面目な女性武官があやかし相手に奮闘する中華ファンタジー。
ミステリ風なストーリーで描かれる連作短編で、奥宮に現れるあやかしの正体と、その裏に隠された人間の事情を解き明かしていく物語となっています。
能力や性格が真逆な凸凹コンビの活躍が楽しく、テンポの良い二人の掛け合いに乗ってサクサクと読める1冊でした。

感想記事はこちらから

 

りゅうおうのおしごと!11 /白鳥士郎


推しの幸せを願っていた者として、あまりの素晴らしさに感動してむせび泣いた最新刊。
しかし冷静になると不穏なフラグが乱立していたことに気づき、今は不安で死にそうになっています。
はやく続きを・・・・・・続きをおくれ・・・・・・

感想記事はこちらから

 

かくりよの宿飯十 あやかしお宿に帰りましょう。 /友麻碧


鬼神と人間の世界をまたいだ異種婚姻譚であり、料理の腕だけで異世界に居場所を作り出した女の奮闘記。
恋も飯テロも思う存分楽しませてくれたシリーズでしたが、ついに完結してしまいました。見事な大団円に大満足。
まだ番外編があるようなので、そちらも楽しみに待ちたいと思います。

感想記事はこちらから

 

続いて、8月に消化できたシリーズもご紹介。

 

『86―エイティシックス―』シリーズ /安里アサト


1巻だけを読み、「1巻が最高すぎて満足してしまった」「というか怖くて続きが読めない」とか何とか言いつつ放置していた86シリーズ。
ついに読んだよ!めちゃくちゃ最高の最高の最高で興奮しまくりでした・・・!
なんでこんな面白いシリーズを何年も放置できていたのか。私は馬鹿だった。
戦争と差別の問題を残酷かつ徹底的に描くところは、やっぱり読んでいて心が痛くなるのだけど、それを乗り越える価値がある。
本当に素晴らしいシリーズだと思います。9月に出る新刊に間に合って良かった(笑)

感想記事はこちらから

 

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・』シリーズ /山口悟


7月に続き、8月はこっそりと一迅社文庫アイリス強化月間でした。
未読だった人気の3シリーズに手を出したのだけど、どれも面白かったです。
その第一弾がこちら。1巻の再読も含め、既刊8冊全部読みました。
悪役令嬢カタリナが破滅の運命を乗り越えるために、周囲の人々をタラシてタラシてタラシまくる転生ファンタジー。
人に愛されるのもうなずける、天然で阿呆で頑張り屋な主人公がとても可愛い。特に脳内カタリナ会議が大好きです。

感想記事はこちらから

 

『竜騎士のお気に入り』シリーズ /織川あさぎ


一迅社文庫アイリス強化月間第二弾。
竜に愛された王宮侍女と、元竜騎士の辺境伯の竜に囲まれた日々を描いたファンタジー。
メインは竜です。竜が主役です。
竜を愛し、竜に愛される二人が、竜のために奔走する物語なのです。
それをちゃんと理解できるまで少し時間がかかってしまったけれど。
これは竜たちの面倒臭さと可愛さと格好良さを愛でる作品なのだと思います。
だからといって恋愛要素が楽しめないという訳ではないですよ。

感想記事はこちらから

 

『にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者』シリーズ /香月航


一迅社文庫アイリス強化月間第三弾。
女性を昏倒させる厄介な体質を持つ王太子と、彼に目をつけられた貧乏伯爵令嬢の王宮ラブコメディ。
強引マイペースな王太子に振り回されっぱなしの主人公だけど、実は野生児レベルで身体が動く「戦うヒロイン」だったりします。
王宮ロマンスなのにアクションパートが意外なほど読み応えがあり、そこが気に入っているシリーズです。

感想記事はこちらから

 

以上です。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
9月も当ブログ「晴れたら読書を」をよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク
 
1

「2019年8月のおすすめライトノベル」への8件のフィードバック

  1. 「吸血鬼に天国はない」やっと読み終わりました……。やっぱり周藤先生の書かれる作品は最高ですね……!
    おすすめ記事なのでネタバレはできませんが、賭博師完結から全裸待機していた甲斐があったというものです。
    次巻が楽しみです。

    あと記事関係ないんですが、みかこさんはこのラノ2020は投票されますか?

    1. スズナリンゴさん、コメントありがとうございます。

      吸血鬼に天国はない、とても良かったですよね・・・!
      まさか賭博師コンビの新作が読めるとは思わなかったし、しかもそれが最高に面白いとなると、本当に待っていた甲斐がありました。
      次巻が楽しみですよね!!いったいどんな形で続くのかワクワクします。

      今年のこのラノですが、読書メーターとTwitterを消したせいで対象期間に何を読んだか分からなくなっちゃったんですよね。ちょうどブログもあまり更新してなくて。
      なんかこう、自分でモヤモヤしちゃうので、今年は参加しないかもしれません・・・・・・

      1. なるほど……。モヤモヤしながら投票するぐらいなら参加しないのがいいのかもしれませんね。みかこさんに無理をしてほしくはないので。
        俺は今年が初めてのこのラノ参加だったので、ランクインしてるといいなあとかドキドキしながら入れてきました……。
        こちらに感想記事が掲載されている作品だと、インフィニットデンドログラム、錆喰いビスコ、アサシンズプライド、薬屋のひとりごと、乙女ゲームの破滅フラグ、(女性向け小説も含めてよかったのかわかりませんが……)、あとはお隣の天使様にも投票してきました。
        ラノベは偏見を持たれがちなところがありますが、そうやって避けられて埋もれていくのはもったいないぐらい面白い作品もたくさんあるので、このラノや新作ラノベ総選挙などの企画、こちらのおすすめ記事などを機にもっとたくさんの人に読んでもらいたいです!
        とりあえず来月からアニメが始まりますしアサシンズプライド(と慎重勇者も)の布教を頑張らないと……!

        1. >みかこさんに無理をしてほしくはないので。

          ありがとうございます(感涙)

          でもスズナリンゴさんの投票への意気込みを聞いていると、なんだか私も投票したくなってきました・・・!
          大好きなシリーズの続刊に投票するのもアリですね。それなら読んでるのは確実なのだし。
          錆喰いビスコと薬屋は私も入れたい!
          応援したい作品って、よく考えたら沢山ありました。

          本当、ラノベってすぐに偏見をもたれますよね・・・・・・
          ジャンル外の作品に負けないほど面白いラノベなんてゴロゴロあるのに。
          絶対に読んだら「面白い!」って思うはずなのに!

          少しでも作品の露出を増やすためには、このラノは良い機会ですよね。
          私も推しを推さなければ。

          あ、アサシンズプライドのアニメは10月からなんですね!見ます〜〜
          慎重勇者もなにやら気になるので、アニメ見てみようと思います(^o^)

          1. アサシンズプライドはYouTubeに第2PVが投稿されてるんですが、感動しましたね……。スタジオがあまりいい評判を聞かないところなので不安だったんですが、恐る恐る蓋を開けてみたら出来良さそうで楽しみです。
            慎重勇者はコミカライズから入ったのですが、ヒロインになんの躊躇いもなく顔芸させたりするところとかが、ヒロインの可愛さを推していく作品も多い中で新鮮に映りました(笑)小説はカクヨムで、コミカライズ1話はネットで無料で読めるので、とりあえず片っ端から布教してってますね……。Web発はすすめやすくて良き……。
            面白い作品がもっと日の目を見られるように、読者なりに頑張りたいと思いますね……(。-`ω´-)
            Twitterや読書メーターだけだと限界があるので、俺も思い切ってブログ始めてみようかな……?

          2. 今、見てきました!
            すごいですねアサシンズプライドのPV!!めっちゃ面白そうな予告になってて、これは感動しますね!
            原作は5巻までしか読めていなかったのですが、めちゃめちゃ続きを読みたくなりました。
            あの世界観はアニメ映えしそうなので、放送開始が楽しみですね。

            慎重勇者、本がちょっと高くてためらっていたのですが、そういえばカクヨムでしたね。読んでみます。
            WEB発小説の敷居の低さは長所ですよねぇ。ただし時間は溶ける。

            ブログは良いですよ〜!
            字数制限もなく、思う存分に好きなことを書けますから。
            布教用のおすすめ記事とかも作りやすいですし。
            試しに無料ブログを作って、まずは1本書いてみてはいかがでしょう。
            その時は教えて下さいね。絶対見に行きます!(^o^)

          3. みかこさんの言葉に背中を押され、思いきってブログを開設してみました!
            がっつり感想書けていいですね!(時間は溶けますが……)
            これからもよろしくお願いします

            リンゴとラノベとマンガの森
            https://appleforest.hatenablog.jp/

          4. おおー!
            ブログ開設おめでとうございます(*^^*)
            さっそく読ませていただきました。
            「処刑少女の生きる道」、ニリツさんの表紙オーラがすごくて気になっていたのですが、やっぱり面白そうですね・・・!

            ブログって、筆が乗っても乗らなくても簡単に時間が溶けちゃうんですよね。
            読書時間が消し飛びかねないので、私はブログにあてる時間配分を厳しめに意識してます(笑)

            こちらこそよろしくお願いします。次回の更新楽しみにしてますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。