皇帝つき女官は花嫁として望まれ中3 /佐槻奏多



皇帝つき女官は花嫁として望まれ中: 3【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★☆☆☆
2019年8月刊。
転生した元女騎士と、前世から初恋をこじらせてる皇帝つき騎士のラブコメ第3弾。
集団お見合い回です。といっても婚約直後のヒロインは運営側なのですが。
今まで謎だった部分の解明などもあり、なんだか綺麗に話がまとまった感じ。
でも犬しか記憶に残ってないぞ・・・・・・犬すごいな・・・・・・

☆あらすじ☆
「結婚前なら、僕も選んでもらえる可能性がある?」
前世、帝国の女性騎士だった記憶を持つオルウェン王国の男爵令嬢リーゼ。彼女は、転生前も今も変わらず愛してくれる次期皇帝候補シディスと正式に婚約し、楽しく過ごしていた。ところがある日、帝国と周辺国の貴族達のお見合い係に抜擢されたリーゼは、隣国の青年セレンに絡まれたあげく、帝都で人が犬に変わる事件に巻き込まれてしまって!? お見合い参加者に嫉妬する彼の誤解も、帝都の混乱も、まとめて解消してみせます! 秘密を抱える女官の転生ラブコメディ第3弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

 

外国人のリーゼが帝国皇族のシディスと婚約したことから、にわかに騒ぎ始めた諸外国の貴族たち。
それを抑えるために集団お見合いの開催が決まり、リーゼはその運営を手伝うことになる。一方、帝国内では再びドナン教が暗躍し始めていた―― という第3巻。

 

ドナン教の黒幕がようやく明らかになりました。
まぁ、そのへんの話は正直微妙だったのだけど・・・・・・なんでシディスたちが納得してるのか不思議なくらいの八つ当たり・・・・・・。
黒幕の事情も報告形式でざっくり語られて終わり、うーん、申し訳ないが「そっかー」くらいの感想しか出てきません。もうちょっとドラマチックに盛り上げてほしかったな。

 

黒幕に利用されていた青年セレンについてはもう少し丁寧に事情が描かれていたのだけど、こちらもまぁ、予想の範疇というか・・・・・・
リーゼという前例があるので「犯人」がどうなったのかも想像しやすかったですからね。曖昧だった部分が明らかになったのでスッキリしたといえばそうかも。

 

あー・・・、あと、集団お見合いの件が微妙だったかな。
そもそもリーゼが当事者じゃないので話として盛り上がりに欠けるし、最終的にどこに持っていきたい設定だったのかよく分からなかったというか。
セレンを引き取る結末にするなら、せっかく「お見合い」していたのだし誰かとカップリングを成立させておいても良かったのでは・・・・・・

 

そんな感じでオチは正直微妙だったのだけど、その過程は割と楽しめました。
やっぱ犬の皇帝陛下のキャラが良いんだよなぁ〜
張り合うように犬になりきるシディスも楽しい。
彼らはどこに向かっているのでしょうか?犬しぐさの上達っぷりがすごいのだけど!?

 

リーゼとシディスの関係はほぼ完成されているし、ドナン教の黒幕と石の出処も突き止めたし、ほぼ全ての問題が解決したような気がします。
ここで終わっても綺麗だと思うけど、コミカライズが始まってるなら続くのかな?

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。