花琳仙女伝 引きこもり仙女は、それでも家から出たくない /桜川ヒロ



花琳仙女伝 引きこもり仙女は、それでも家から出たくない (SKYHIGH文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
仙女の末裔が宝剣盗難事件の謎に迫る中華ファンタジー。
物の意思を具現化する能力を駆使し、嫌々ながらも有能さを発揮する引きこもりヒロインが可愛いお話でした。お付きの幼女たちはもっと可愛かった。
無骨な武官との恋愛要素もほんのりあって楽しかったです。
綺麗に終わっているけれど、1冊で楽しめるというより話が進むにつれて面白くなるタイプの作品かな?
シリーズ化に期待します。

☆あらすじ☆
瑾国(じんこく)に住む楚花琳(ソ・カリン)は仙女の末裔で、付喪を具現化できる『顕現の力』を持つ。ある理由から引きこもっていたが、父親の借金の形に結婚を迫られる。逃げ出そうとした矢先、今度は豪族・江(コウ)家から『覇者の剣』の盗難を疑われている三男・
俊賢の嫌疑を晴らしてほしいと頼まれる。結婚の白紙を条件に引き受けた花琳は、付喪の椿と牡丹、江家の長男・智星(チセイ)と次男・飛耀(ヒヨウ)と共に都へと向かう。だが、出会いが最悪な飛耀は花琳に厳しく、前途多難。しかも調査のため、宝物庫に忍び込むことに!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

伝説の仙女の末裔にして、極度の引きこもりの少女・楚花琳
降って湧いた結婚話を回避するため、花琳は「顕現の力」をあてにして訪ねてきた江家のトラブル解決に協力することになるのです。

 

仙女の先祖返りとして、物の意思を「付喪」として具現化できるを持つ花琳。
この能力がとても便利なんですよね。
付喪たちに聞き込みができるだけでなく、顕現させた付喪たちが花琳にたくさんの知識が与えられているため、花琳本人も(無自覚ながら)大変に有能な少女に育っている。
うーん、便利。能力込みで花琳が便利。
これで引きこもり志望とか、そりゃあお上が許さないでしょう。結末は当然の展開でした。合掌。

 

そんな花琳と一緒に、末弟にかけられた宝物盗難疑惑を解こうと奔走する江家の兄弟。
メインヒーローは次男の飛耀の方なので、長男の智星は比較的控えめな存在感だったのだけど、二人揃って弟想いの良い兄ちゃんたちだったと思います。
ただ、これって男二人も必要だったのかな?という印象はちょっとあるかな・・・・・・飛耀と花琳だけでも良かったのでは。
なんだか智星のポジションが微妙に持て余し気味だったようにも見えました。
最初はギスギスしてた花琳と飛耀の間で潤滑剤っぽく機能していたけど、それもすぐにお役御免になってたし。
うーん、まぁ、悪だくみの発案係ではあるんだけど。
常に行動を共にしている割に、存在が空気になりがちだったのが気になりました。

 

その一方でちゃんとメインヒーローの存在感を発揮していたのが飛耀。
花琳が隠していた秘密を知るシーンとか、すごく良かったです。無骨なんだけど、素朴な優しさを感じるところが素敵。
花琳との関係の進展も気になるので、そのへんを描いてもらうためにもシリーズ化に期待したいです。

 

というかシリーズ化前提っぽい締め方でしたしね?
付喪を駆使して様々な問題解決に奔走する役所になるのか?特命係??
愉快なオネエとかも同僚にいる賑やかな職場っぽいので楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。