世界は愛を救わない /海老名龍人


世界は愛を救わない (講談社ラノベ文庫 え 1-2-1)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
ある目的のために、ちょっとした能力を使って「世界征服」を目指す幼馴染3人組の物語。
恋愛観のお話ですね。
迷走する少年少女の心の変化と、そのきっかけを与える特殊能力の使い方が面白くて良かったと思います。
ただ、うーん、序盤が一番面白かった感じはある。ネタがバレバレだからかな・・・・・・

☆あらすじ☆
壇上貫地と石野美香、そして僕、阿久津吾郎は、幼なじみで文芸部に所属していて――ちょっと特殊な力を持っている。超能力と呼ぶにはおこがましく、マジックと呼ぶにはつたない、その程度の特殊能力だ。ゲームで言うバグのようなその力を、僕らは“グリッチ”と呼んでいる。その力を使って、僕らは世界征服を目指している。冗談に聞こえるかもしれないが本気だ。僕たちが抱えているそれぞれの事情を考えると、世界を征服しないと救われないのだから――。
新たな愛の形を描いたちょっと不思議な新感覚ラブコメが登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界は愛を救わない /海老名龍人