世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2 /黒留ハガネ


世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 2 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
この面白くない世界を超能力で面白おかしく演出してやるぜ!というマッチポンプ秘密結社コメディ第2弾。
今回も面白かった〜!
ロマンを持て余し、無敵の力と莫大な金を持った大人たちによる、全力本気のごっこ遊び。
規模が大きすぎて本当にタチが悪いんだけど、キラキラと楽しそうにしてる姿が微笑ましくて好き。
仕掛け人側も仕掛けられてる側もすごく楽しそうなんですよね。超羨ましい。
新キャラ登場で更に賑やかになる一方、意外な展開にハラハラドキドキしたりして。
本気で推したい、このシリーズ。続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
異世界人(ババァニャン)――襲来!
平和すぎる日常に逆ギレし、秘密結社「天照」を創設した佐護杵光。超水球事件(マッチポンプ)を成功させ、充実した毎日を送る佐護のもとにある人物が現れる。
その人物とはロナリア・リナリア・ババァニャン(905歳)。
彼女は、魔王が絶滅危惧種に指定され、手厚く保護されている自身の世界を退屈だと断じ、佐護の世界へとやって来た異世界人であった。
しかしながら期待とは裏腹に、魔王は存在せず。
巻き起こる「世界の闇」に纏わる事件はすべて、佐護の自作自演。
そしてついにババァニャンは、ある計画の実行を企てることになり……?
最強の超能力者が紡ぐ、圧倒的マッチポンプギャグコメディ、第2幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2 /黒留ハガネ