後宮の烏3 /白川紺子


後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
後宮に住みながら皇帝に従わない謎の存在「烏妃」。
烏妃となった少女の運命と、烏妃に隠された謎に迫る中華ファンタジー第3弾。
今回も面白かったのだけど、何やら大きな事件に繋がる前触れのような内容。
今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「梟」が残した羽根に、自らの行く末を重ねる寿雪。
先代の戒めに反し夜明宮は孤独から遠ざかるも、寿雪自身は真に虚しさから逃れることが出来ずにいた。
烏妃の元には、今宵も訪問者が絶えない。泊鶴宮での怪異は、やがて烏漣娘娘への信仰を脅かす『八真教』へと通じて……?
他方、高峻は烏妃を「烏」から解放する一筋の光明を見出し、半信半疑ながらも寿雪と共にあることを決めた。
それぞれの過去が少しずつ明らかになり、真実はなおも遠い――。それでも確かに進んでいく、たとえ禁忌に触れることになろうとも……。
真の‟救い”は光であり、葛藤……。
数多の謎が繋がり、導く……歴史が再び動き出す――
シリーズ累計30万部突破!!圧倒的中華幻想譚、第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏3 /白川紺子