月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐



月とライカと吸血姫 (5) (ガガガ文庫 ま 5-8)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
新章スタートの宇宙飛行士たちの物語第5弾。
いよいよ月面着陸を目指すのだけど、問題は山積み、フラグも山積みで、本当にどうなっていくのやら。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
誰がために、月を目指すのか。
共和国の宇宙開発が停滞するなか、それまで後手に喫していた連合王国は資金力と組織力を武器に目覚しい成果を上げ続けていた。一方、焦りを募らせる共和国政府上層部は、人命を軽視した無理難題を現場に押し付ける。
〈ライカ44〉の訓練センターの副長官に昇進したレフは、同じく教官を務めるイリナと後進の育成に励みつつ、自らも月への飛行のため訓練を続けていた。
そんな中、レフの同期であるミハイルとローザが結婚するというニュースが飛び込む。しかしそれは、停滞気味の宇宙開発を隠蔽したい政府によって仕組まれた強制結婚。憤るレフとイリナだが、さらなる理不尽が彼らを待ち受けていて……。
宇宙飛行士は、技術者は「人類の夢」のため、いつだって命がけだ。しかし、国家の威信という名の下に、政府の駒であり続けるのは本当に正しいことなのだろうか。
これは、世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代の物語。その光と陰、表と裏の歴史に、宙に焦がれた人と吸血鬼がいた。
宙と青春のコスモノーツグラフィティ、新章「月面着陸計画編」ここに始動!

以下、ネタバレありの感想です。

 

時は東歴1965年。

連合王国との宇宙開発競争に明け暮れる共和国は、様々な「史上初」の記録を打ち立てる。
その裏にあったのは上層部の無茶振りと、それに何とか必死で応えてきた現場の人間たちの苦労と努力。
しかしそんな綱渡りみたいな状況で、いつまでも無事で済むわけがなく――

 

もう最初から嫌なフラグが盛りだくさん。
というか史実をベースに作ってある本作で、当然避けることはできない「史上初」を描かないわけがないんですよね。
ローザとミハイルの強制結婚だけでも胸クソだったのに(それでも式自体はとても良いものだったのに)、ああまで強引な政治的茶番を見せられたら、その結末は察するというものでしょう。

 

史上初の宇宙飛行士の死亡事故。
連合王国でも立て続けに起こったあたり、競争と政治が絡むと本当にろくなことがない。
お金を出してる側が成果を求めるのは仕方ないとはいえ、簡単に意見を踏み潰されてしまう現場のストレスは計り知れない・・・・・・本当に命を賭けるのは彼らなのに。

 

どうしようもない茶番劇に振り回されつつ、それでもレフたちは必死に良き道を模索するのです。

ミハイルの死は無駄死になのか、それとの未来へと繋がる礎にできるのか。
誰のために月を目指すのか。何のために、自分たちは命を賭けるのか。

閉塞的な共和国の空気と相まって、彼らの運命の行く末にとてもハラハラしました。
バレたら即退場の緊張感、本当に怖い。
現場の同志たちが本来の意味で「同志」なのが救いだよなぁ。
特にヴィクトール中将とコローヴィン博士は本当に格好良かったです。
チーフ、一命をとりとめたなら再登場も期待していいのだろうか。

 

ここから史実と大きくズレていくらしいので、レフたちの「未知」の冒険と奮闘が楽しみです。
連合王国側の二人とも再会できるんだろうなぁ。期待しています。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。