月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐


月とライカと吸血姫 (5) (ガガガ文庫 ま 5-8)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
新章スタートの宇宙飛行士たちの物語第5弾。
いよいよ月面着陸を目指すのだけど、問題は山積み、フラグも山積みで、本当にどうなっていくのやら。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
誰がために、月を目指すのか。
共和国の宇宙開発が停滞するなか、それまで後手に喫していた連合王国は資金力と組織力を武器に目覚しい成果を上げ続けていた。一方、焦りを募らせる共和国政府上層部は、人命を軽視した無理難題を現場に押し付ける。
〈ライカ44〉の訓練センターの副長官に昇進したレフは、同じく教官を務めるイリナと後進の育成に励みつつ、自らも月への飛行のため訓練を続けていた。
そんな中、レフの同期であるミハイルとローザが結婚するというニュースが飛び込む。しかしそれは、停滞気味の宇宙開発を隠蔽したい政府によって仕組まれた強制結婚。憤るレフとイリナだが、さらなる理不尽が彼らを待ち受けていて……。
宇宙飛行士は、技術者は「人類の夢」のため、いつだって命がけだ。しかし、国家の威信という名の下に、政府の駒であり続けるのは本当に正しいことなのだろうか。
これは、世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代の物語。その光と陰、表と裏の歴史に、宙に焦がれた人と吸血鬼がいた。
宙と青春のコスモノーツグラフィティ、新章「月面着陸計画編」ここに始動!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐

86―エイティシックス― Ep.3 ランスルー・ザ・バトルフロント(下)/安里アサト


86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年12月刊。
1巻ラストの空白期間を埋める上下巻の後半戦。
前半はしどかったのだけど、終盤ちょっと最高すぎる・・・・・・
結末が分かっていても(分かっているのに)最高でした!

☆あらすじ☆
待望の《ギアーデ連邦編》後編登場! “史上最大の作戦”の火蓋が切られる――!
敵〈レギオン〉の電磁加速砲(レールガン)による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を《槍の穂先》(スピアヘッド)として、電磁加速砲搭載型〈レギオン〉の懐に――敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。
待望のEp.3、《ギアーデ連邦編》後編。なぜ戦う。“死神”は。何のために。誰のために。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.3 ランスルー・ザ・バトルフロント(下)/安里アサト