むしめづる姫宮さん /手代木正太郎



むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫 て 2-11)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
面白かった!
「悪い虫」に憑かれてしまった少年がお節介に奔走する、ちょっと不思議な青春物語。
「虫」の正体を探るなかで思春期の少年少女が自分の心に向き合う話で、土壇場で見せる主人公の頑張りがとても良かった。
普段はとても卑屈で矮小な少年なんだけどね。でも、誰かのために戦える人って格好いいですよね。

テーマが「昆虫と青春」ということで昆虫の話もたくさん出てきます。
虫が苦手な私ですら「虫って実は面白いのでは?」と思えてくる薀蓄の数々が楽しかったです。

解説役の虫オタクなヒロインがまた可愛いんですよ〜。
好きな分野の話になると饒舌早口になるタイプのオタクです。
主人公と揃って妙に小物っぽいカップルなんだけど、そこに愛嬌があってとても好き。

シリーズ化してほしいなぁ。楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
一寸の虫にも五分の魂。それはヒトも同じ。
――宮城県宮城郡浦上町。そこは虫の魂が漂う不思議な町。時に虫の魂は未熟な思春期の若者の魂にひきよせられ、憑いてしまう。そんなとき、町の老人たちは、そっと若者に告げるのだ。「悪い虫に憑かれたら山の上の姫宮さんの所に行きなさい」と。
身も心も小さい有吉羽汰は、ある日突然、身の丈にあわない「おせっかい」をしてしまうようになってしまう。そのことを祖母に相談すると「……悪い虫さ憑かれたんだな」と姫宮さんのところへ行くように勧められるのだった。
だが、そこにいたのは昆虫のことが大好きなだけの、引っ込み思案の女の子で――?
セミの魂に憑かれ、五日おきにしか家を出られなくなった幼馴染み。
バッタの魂で集団化し、学校を支配し始めた女子ダンス部たち。
虫の魂による奇妙な騒動を、羽汰は虫好き少女姫宮さんとともに解決してゆくことになるのであった。
虫と人間、五分と五分の魂が巻き起こす、ちょっと不思議な青春物語。

以下、ネタバレありの感想です。

 

思春期の少年少女が密かに抱える悩みや望みが、「虫の魂」を呼び寄せ、不思議な現象を引き起こす。

いったい彼らはどんな「虫」に憑かれたのか。
どんな心がその「虫」を引き寄せたのか。

「虫」に憑かれた人の異常な行動から「虫」の正体を推理したり、また、「虫」の正体からその人が抱える悩みや望みを解き明かしたり。
このアプローチが本当に面白かった。高校生の青春話と昆虫蘊蓄の融合がお見事でした。

 

なかでも読んでて楽しかったのは素数セミの話。
こういう話には生命の神秘を感じてしまいます。
数学的に説明されると合理的な生態なんだけど、それが自然の中に生まれたと、感心すると同時にゾクッとするんですよね。自然の偉大さ・・・・・・というと陳腐になるかもだけど。

そこから紐解かれるドラマがまた良かったな〜。
素数で繋がった父への複雑な心情を素数から解き明かすという構成が上手いし、エモくて好き。

 

さて、謎の虫に憑かれたことで、なぜか気が大きくなってお節介を焼くようになった少年・有吉羽汰
学校で起こる様々な異常に遭遇した彼は、同級生の虫オタク・姫宮凪に何度も助言を求めていきます。

基本的には羽汰が色々と動きつつ、姫宮さんが虫について詳しく解説をしていくコンビ。
どちらもカースト底辺で空気になりたい願望があり、言動もめちゃめちゃ小物っぽいんだけど、そこが可愛くて私は好き。

 

特に羽汰の言動は割と本気で「ちっちゃ・・・!笑」と思うこともあるんだけど、なんだか憎めない主人公でした。
身体の小ささって自分ではどうしようもないからこそ、それに合わせて心まで縮こまるっていうのもなんだか分かる気がするんですよね。なりたい自分になれない挫折は辛いよ。
羽汰は姫宮さんの虫トークを(彼女に見惚れつつも)しっかり聞いて楽しめる人だし、本当に何にでも好奇心と興味を持てるタイプだったんだろうなぁ。
でも人より要領が悪くて、挫折をたくさん経験して、身体の小ささも相まって自分の限界を見てしまった。何度も何度も。
そういう過程を経ての卑屈さだから、嫌悪感はあまりなくて。
むしろ、彼の根底に眠っていたものが虫によって引き出されるたびに、好感を抱かずにはいられない主人公でした。

 

そんな羽汰の相棒となる姫宮さん。
アクセル全開の怒涛の虫トークがオタクしぐざ強すぎて笑ったし和みましたw
説明中のちょっとウザい感じも可愛いし、語り終わってからのキョドり具合も好き。
あと羽汰がピンチになったら速攻で逃げ出す割に、突然キラキラした目で虫の弱点を突いて反撃をかます予測不能なところも良いんですよね。
コミュニケーション能力に難有りのヘタレ系ヒロインなんだけど、羽汰フィルターを通すと本当にすごく可愛い女の子でした。
好きなものに夢中になってる女の子ってなんでこんなにキラキラしてるんだろう。これに「ブス」とか目が腐ってるに違いない。

 

羽汰にとっては虫落としの頼れる相棒であり、同時に、彼女はとても気になる女の子でもあって。
そして、姫宮さんにとっても羽汰との出会いには大きな意味があるもので。
虫だけを愛でて生きてきたのは、それだけ深い喪失感を抱えていたということなのでしょう。
というか、心を守るために内に閉じこもってしまうのは皆一緒なんですよね。
この物語に出てくる誰もがそうだった。一人は物理的に狭いところに籠もってたなあ。
そこから連れ出してくれる誰かがいることは、本当に幸運なことだと思います。

 

これから羽汰と悪い虫落としを繰り返していけば、姫宮さんの世界もきっと広がっていくはず。
虫を愛したまま、虫以外も愛していけばいい。
ラストシーンの姫宮さんの笑顔がとても可愛くて、夏の青空のように爽やかな未来を期待したくなりました。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。