にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 /香月航



にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年6月刊。
面白かった!
王太子の不思議な「体質」になぜか影響を受けないことから、期間限定婚約者のお仕事を引き受けた貧乏伯爵令嬢のシンデレラ・ストーリー。
テンポの良い掛け合いが楽しくて何度も笑いました。
貧乏キャラが逆に頼もしいヒロインは元気よくて可愛いし、ひたすら甘い言葉を垂れ流すヒーローにはニヤニヤしました。
糖度自体はものすごく高いのだけど、二人のすれ違いっぷりが意外と切なかったりもして、最後まで楽しく読めました。
これは期待できそうなシリーズ。続きもどんどん読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
行儀見習いとして王宮へあがったのに、気づけばお掃除女中になっていた貧乏伯爵家の令嬢リネット。彼女は、女を寄せ付けないと評判の王太子殿下アイザックが通りがかった朝も、いつものように掃除をしていたのだけれど……。彼が落とした書類を届けたことで、大変なことに巻き込まれてしまって!?
殿下に近付く女性はもれなく倒れちゃうって、どういうことですか!
それに、触れても平気だったからってだけで、婚約者として雇うなんて本気なの!?
ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

行儀見習いのはずが、気づけば使用人と一緒に掃除に勤しんでいた辺境貧乏伯爵家の令嬢リネット
しかし、落とし物を届けたことから王太子アイザックに目をつけられ、あれよあれよという間に期間限定の婚約者役という仕事を引き受けることに。

アイザックは女が近づくことができない体質であり、彼に近づくと女性は体調が悪化して倒れてしまう。
しかしリネットはアイザックの傍にいても平気な顔をしている。
だから彼女にしか「婚約者」の振りはできないのだと言う。

今までにないリゼットの存在にテンション爆上げで「婚約者関係」にノリノリなアイザック。
一方で、貧乏ゆえに淑女教育など受けたことがないため本気で嫌がるも、結局は仕方なしに仕事を引き受けたリネット。

王太子の婚約者「役」となったリネットは、マイペースな王子に振り回されたり、厳しい淑女訓練を受けたりしながら、なんとか「貴族令嬢」としての体裁を整えようと努力することになるのです。

 

シンデレラストーリーとしては、結構王道なタイプかと思います。
貧乏で苦労してきた女の子が、王太子に見初められ(?)、華やかな生活(?)に放り込まれ、やがて恋を知るーーというのは定番と言えそう。
ただまぁ本作が面白いのは全て(?)の部分なんですけど!

 

王道ストーリーを楽しく盛り上げてくれるのは賑やかなキャラクター陣。

特に主人公であるリネットが最高でした。
貧乏だなんだと言いつつ、そうやって育ってきた自分を真っ直ぐ受け入れているところが良い。
それでいて、不向きな仕事も真面目に取り組み、それを自分の糧にしようとする素直さが更に良い。
食い意地がはっていて餌付けと分かっていても抗えないところは可愛いし、「田舎育ち」という言葉で納得して良いのか疑問なほどの身体能力は格好良かったです。

・・・・・・いや、でも、視力が異常に良くて夜目もきいて馬車に飛び乗ってひっくり返すことも出来るとか、貴族令嬢じゃなくてもビックリ人間だと思うんだけど、本当にどんな生活してたの!?

アクションシーンになると途端に生き生きするリネットをみて、淑女教育は本当に性に合わないんだな・・・と察しました。
リネットは基本ツッコミ役なのだけど、なにげに彼女の存在自体がツッコミどころ満載でとても楽しかったです。

 

そんなリネットを溺愛するアイザック
髪の毛わしゃわしゃーってするところとか最初はペットに構い倒す(そして嫌われる)飼い主みたいだったのだけど、だんだん言動に艶が帯びてくるのにドキドキするヒーローでした。
「婚約者」呼びのあれ、気付いてた気付いてた!笑
だから最初から全部本気だろうと思っていただけに、「俺はお前のことを女だと思っていないぞ」のセリフにヒヤリと・・・・・・

あのへんのリネットの心情は切なかったなぁ。
恋を自覚した直後だけにきついセリフですよね。ただでさえビジネスなお付き合いなのにって。

 

あんだけ全身全霊でしがみついてくる男に恋愛感情がないとかウッソやろと傍から見てると思うけれど、同時に、「いや、アイザックだしな・・・」という微妙な不安もあって。
だって異性に対するコミュニケーション能力は7歳で止まってるわけでしょ?子どもじゃん。
そう思うと構い方もなんかそれっぽく見える(そうなった理由は予想外にキツかったけれど。子どもが性的暴行にあう話は辛いな…未遂とはいえ・・・)

そういう意味でちょっとだけ信用の置けないヒーローだったのですが、徹頭徹尾素直な人で良かったです。
子どもじゃん。と思ったのはラストシーンで撤回しました。あははは男の人だった笑

 

ラブコメあり、シリアスあり、アクションありの楽しいシンデレラストーリーでした。
続きもどんどん読んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。