後宮の花シリーズ2 後宮の花は偽りを散らす /天城智尋



後宮の花は偽りを散らす (双葉文庫)

評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
皇帝と皇妃のW身代わりから始まる中華後宮ファンタジー第2弾。
1巻の感想は書き忘れてました。しまった・・・
今回はバリキャリ女官吏が官吏としてバリバリ働きつつ、またも皇族の面倒事に巻き込まれていくというお話。
主役カップルの距離が甘く近づく一方で、不穏な気配を撒き散らすお兄ちゃんから目が離せません。
続きも期待!

☆あらすじ☆
こんな国、滅んでしまえばいい――
空(から)の花轎(かきょう)の“秘密”が明らかになる時、過去の亡霊が国を揺るがす――
国の危機を救おうと、新皇帝の双子の弟・郭郭央と共に偽りの夫婦を演じた秘密をもつ相国の女官、陶蓮珠。無事に帰ってきた本物の皇帝夫婦のため、立后式を成功を目指すが、厄介事ばかりが舞い込んで……。
過去と現在の陰謀が絡み合い、秘めた恋は無情な選択を迫られる。
バリキャリ女官と皇帝の弟の、W身代わりの契約結婚、再び――!!
大反響の圧倒的中華ファンタジー待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

威妃の立后式が近づくなか、突如現れたのは威国からやってきた妹公主。
姉が歓迎されていないなら連れ帰ると息巻く威公主の世話役に選ばれた蓮珠は、彼女の狙いを探るなかで、皇帝夫妻を狙う陰謀に巻き込まれていきーー という第2巻。

 

前巻よりも展開が凝っていて面白かったです。
破天荒にみえた威公主と恋愛小説トークで盛り上がったり、女官吏としてバリバリ働く蓮珠の姿を楽しめたり、武官に戻った翔央との焦れったい関係にドキドキしたり。
見どころが多い内容でした。
あと、なんとなくだけど前巻よりも蓮珠の可愛さが増してるような?やはり恋をして艶めいているから??

 

そんな蓮珠と翔央の関係だけど、仕事第一主義な蓮珠だけに、色々と進展がゆっくりな感じ。
女官として後宮に入る蓮珠を苦々しげに見る翔央はなかなか美味しかったのだけど、その後の寵愛騒動にはハラハラしました。
ていうか、あそこで「寵姫になっておめでとう」とか言う翔央にマジかー・・・となったのだけど。
この事態、そもそも誰のせいだと思ってるんだ???

 

それはさておき。

 

陰謀渦巻く後宮の問題を上手く切り抜け、ついでに身代わり要素おかわりでニヤッとさせ、なんとか立后式をクリアできた蓮珠。
色々あったけれど翔央との関係も一歩進めたようだし、ああ良かった良かった・・・・・・

 

・・・・・・良かったのか?

 

エピローグの皇帝夫妻の会話が恐ろしくて震えてしまいます。
帯やあらすじの「こんな国、滅んでしまえばいい」ってアナタの発言だったんですか!!衝撃受けたわ!!!

皇帝夫妻自体は主従であり恋人であり運命共同体っぽい雰囲気がめちゃんこ好みだったのになぁ。

小姑のようなお兄ちゃんはガチで蓮珠の強敵になりそうな予感・・・・・・
良い人だなぁとか思っていた女武官さんも味方になってくれなさそうだし・・・・・・

 

続きがとても気になります。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。