後宮の花シリーズ2 後宮の花は偽りを散らす /天城智尋


後宮の花は偽りを散らす (双葉文庫)

評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
皇帝と皇妃のW身代わりから始まる中華後宮ファンタジー第2弾。
1巻の感想は書き忘れてました。しまった・・・
今回はバリキャリ女官吏が官吏としてバリバリ働きつつ、またも皇族の面倒事に巻き込まれていくというお話。
主役カップルの距離が甘く近づく一方で、不穏な気配を撒き散らすお兄ちゃんから目が離せません。
続きも期待!

☆あらすじ☆
こんな国、滅んでしまえばいい――
空(から)の花轎(かきょう)の“秘密”が明らかになる時、過去の亡霊が国を揺るがす――
国の危機を救おうと、新皇帝の双子の弟・郭郭央と共に偽りの夫婦を演じた秘密をもつ相国の女官、陶蓮珠。無事に帰ってきた本物の皇帝夫婦のため、立后式を成功を目指すが、厄介事ばかりが舞い込んで……。
過去と現在の陰謀が絡み合い、秘めた恋は無情な選択を迫られる。
バリキャリ女官と皇帝の弟の、W身代わりの契約結婚、再び――!!
大反響の圧倒的中華ファンタジー待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の花シリーズ2 後宮の花は偽りを散らす /天城智尋