竜騎士のお気に入り2 侍女はねがいを実現中 /織川あさぎ



竜騎士のお気に入り: 2 侍女はねがいを実現中 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年6月刊。
竜に愛された少女と、竜に乗って空を駆ける辺境伯の物語第2弾。
青いちび竜の可愛さがパワーアップしていました。
主役二人よりも竜たちの方がメインとあとがきで書いてあるけれど、めっちゃ分かる・・・・・・
人間たちの都合なんかお構いなしに我が道をゆく竜たち。とても生き生きしてました笑

☆あらすじ☆
「宰相閣下よりの書簡である。確認せよ」
王城の侍女見習いから竜が集まる辺境伯家の侍女になったメリッサ。彼女は辺境伯領の領主となった元竜騎士隊長ヒューバードの恋人になっても、相変わらず侍女の仕事と大好きな竜達の接待に精をだしていた。そんなある日、竜達に気に入られているメリッサを王宮へ召還しようとしているという不穏な知らせが届いて――。
大好きなヒューバード様や竜達と引き離されるのなら、ご遠慮申し上げます!
堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

全ての竜の頂点に立つ青の王竜。
ハプニングとはいえ青竜の背に乗った唯一の人間となったメリッサに対して、王宮が目をつけたことから始まる騒動を描いたシリーズ第2弾。

 

前巻で疑問だったところ、掘り下げてほしいと感じていたところに細かくフォローが入る内容だったと思います。

 

特に、なぜ白は初対面でメリッサを気に入ったのか?というところはメリッサのポジションを理解する上でも重要だと思っていたので、今回ちゃんと触れてくれて良かった。
まぁその理由は白の感性によるところが大きいものだったけれど。
これって、メリッサの瞳の色を気に入ったというだけでなく、彼女が何の打算もない純粋な好意を竜に向けられる存在だと判断したってことでいいのかな。
その性質はメリッサが成長しても変わらなった部分だし、そう考えると白の人間観察力って半端ない。
でもサクッとヒューバードの嫁を決めてしまったところは、人の事情とか知ったことじゃない竜らしさがより伝わってきます。さすがだ女王・・・!

 

そのメリッサ、前巻よりもキャラクターが際立ってきたように感じました。
ドレス採寸のくだりで、この子の竜第一主義っぷりはギルバード以上なのでは・・・?と思ってしまった。
ギルバードへの恋心も十分伝わるんだけど、彼女の意識の大半は竜にもっていかれているので・・・笑
そんな風に竜たちに惜しみない慈愛を注ぐ姿が聖母っぽくて素敵なんですけどね。とか考えてたら本当にお母さん(代わり)になっちゃった。

 

今回の話、色々なことが起こっていたけれど、青の竜とメリッサの絆がとても印象的でした。
途中でメリッサを攫った青に、大好きなお姉ちゃんを必死に守ろうとする少年の姿を幻視しました。
白とは違って言葉を発しないのに、コロコロ転がったりベタベタ甘えたりする姿からはメリッサへの愛情があふれんばかりに伝わってくる。本当に大好きなんだな〜って。かわいいなぁ。

 

こんなに強い絆があるなら、竜騎士としての絆も結べてしまうのでは?とか思うんだけど、どうも女性は竜騎士になれないらしい。
何故なのでしょうか。白が返事しないから明確な理由が示されていないのだけど、そこにも何か秘密があるのかな?

 

まぁそのへんは続きに期待するとして。

 

今回はメリッサとギルバードの恋愛パートもラブコメ的で面白かったです。
ダンスの才能が壊滅的なギルバードの特訓風景にめちゃめちゃ笑いました。よくもまぁメリッサの足を守れたものだ。
いや、守ったのはお父さんから送られてきた頑丈ブーツなんだけど。でもこのブーツ、メリッサを守るためのものだったの?
本当は頑丈=重そうなブーツで娘についた虫を踏ませるためだったんじゃ・・・(穿った見解)

あれだけ特訓したのに本番では力技で問題をクリアしたのも笑いました。
そこに足があるから踏むんだ。ならそこに足がなければいいのだ!!

 

王宮問題もダンス問題も見事にクリア。
竜騎士志望の王弟オスカーにも希望が見えたようだし、ハッピーエンドな第2巻でした(終わってない)

続きも読んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。