乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・8 /山口悟



乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 8 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年7月刊。
各国の王侯貴族が集まる会合に招かれたカタリナ。
その前に色々不安なんでお城で勉強合宿しましょ!という第8巻。
魔法省に入ってから出番薄めだった仲間たちが勢揃いで、それぞれに見せ場があり、とても楽しめる内容となっていました。
あと視点移動がめっちゃスムーズ!

☆あらすじ☆
乙女ゲームの悪役令嬢に転生した私。魔法省を舞台にしたゲーム続編で、出戻り令嬢カタリナは闇の力を手に入れて破滅する!ーーそう知って全力でバッドエンドを回避するつもりだったのに、気付けば闇の使い魔ポチに続き、闇の契約の書の所有者に!? 破滅回避方法不明のまま、王宮で開催される他国との交流会に参加することになってしまい…!? あれ? これってゲームのイベントじゃないわよね?
大人気破滅回避ラブコメディ、第8弾登場★

以下、ネタバレありの感想です。

 

『闇の契約の書』の解読が難航するカタリナ。
学生時代に学んだ知識って思わぬところで必要になりますよね、わかる・・・・・・
後悔先に立たないカタリナのもとに舞い込んできたのは、近隣諸国の王侯貴族が集まる会合への参加要請。
マナーも知識も不安しかないカタリナだけに(娘溺愛の父すら苦々しい態度で笑った)、急遽、お城でのお勉強合宿に放り込まれることになるのです。

 

なんという自然な流れでお城にお泊り!ジオルドやるやん!!

 

とか思った直後に目論見が潰されていて笑いました。
ジオルドのこの報われなさが好き。敵が多いのに全然挫けないし負けないところも大好き。

 

というわけで前半はお勉強合宿。
いつものメンバーも一緒に泊まり込み、それぞれが久しぶりにカタリナと交流を持つ様子に和みました。
特に楽しかったのはメアリだなぁ。
ついに「一緒にお風呂」の野望が叶うのでは!?からの鼻血退場は草。ご令嬢には刺激が強かったのですね。まだ早かったんだ・・・!

 

さて、仲間たちを念入りに誑し込んだカタリナには新たな出会いもあって。
それが新キャラの傭兵王子セザール
使用人のふりして何も知らずにセザールと逢瀬(??)を重ねるところは如何にもなシチュエーションで素敵でした。
まぁセザールがカタリナに惹かれる流れが少しソラと被ってたのは引っかかるけれど。瞳の色とか育ちの話とか。

 

セザールに関して言えば、今後の展開の方が気になります。
ここでサヨナラじゃないっぽいんだよなぁ。
何も明言されていないけれど(私が読み逃してなければ)、セザールも「2」の攻略対象なのかな?
でも他国の人間がどうやって関わるんだろう??

 

魔法省が取り掛かり始めた誘拐案件は次巻からが本題のようですし、今回は色々と伏線を置くための内容だった様子。
サラの裏にいる「彼」の正体とか、人身売買とか、「悪役カタリナ」の破滅フラグとか、まだまだ気になる要素が山盛りで楽しみです。

 

それにしても今回のカタリナの活躍は本当に良かった。
マリアを助けるためにボロボロになりながら突撃する姿とか、めっちゃヒーローしててキュンとしました。
これはマリアのカタリナ愛が強まるのも分かる。
というか、新章に入ってマリアのカタリナ愛は高まるばかりなんですが(=マリア絡みのイベントが増えてる)、これも何か意味があったりするのかな??

続きがとても待ち遠しいです。

 

スポンサーリンク
 
0

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・8 /山口悟」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです!
    感想が1巻で止まっていたのですすめて大丈夫だっただろうかと思っていたのですが、楽しんでいただけたようで安心しました。
    カタリナには毎回笑わされますが、8巻はそんな貴族の枠から外れた性格が特にプラスに働いたエピソードだったのではないかな、と。マリアのためにボロボロ状態で凸るところとか熱かったです。
    2巻以降は書籍版オリジナルストーリーなので、Web版既読者でもカタリナがどんなエンディングを迎えるのかは想像がつきませんが、とにかく彼女には幸せになってほしい(できればジオルドルート入ってほしいけどもう幸せならなんでもいいや)! ラノベの中でも特に応援したい主人公だと思いますね。9巻も楽しみです。
    これからも更新楽しみにしています。

    ……ところで、これは今回の感想とは関係がないのですが……、
    みかこさんは明日発売の「吸血鬼に天国はない」は買われますか?
    「賭博師は祈らない」の周藤蓮先生とニリツ先生のコンビの最新作らしいのですが、運び屋と吸血鬼のファンタジーロマンスとのことで、みかこさんお好きなのではないかなあ、と……。

    1. スズナリンゴさん、コメントありがとうございます。お久しぶりです〜!

      タイミングを逃しているうちに気づけばどんどん新刊が出て、うっかり8巻まで放置してしまいました・・・!
      でも一気読み楽しかったです(^o^)
      ほんとカタリナの破天荒ぶりに何度笑ったことか!
      今回のマリア救出シーンみたいに形振り構わず友達のために走れるような、友情にあついところも本当に素敵ですよね。

      カタリナのエンディングはとても気になります。
      ジオルド推しなので、どうにか婚約成就してほしいですが、もはやメンバー全員大好きなので全員一緒に幸せになってほしいジレンマが(笑)
      カタリナが破滅フラグを乗り越えてくれることに期待したいですね。
      私も9巻楽しみです。感想も気合入れて書きますね!

      「吸血鬼に天国はない」、ばっちり購入予定ですよ!
      お察しの通り、めちゃくちゃ私好みなあらすじだったのですごく楽しみです。
      今月の電撃文庫はそれと「エンドレス・リセット」を読む予定です〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。