スーサイド少女 /衛元藤吾


スーサイド少女 (講談社ラノベ文庫 え 2-1-1)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
たまに無性に読みたくなる講ラノ文庫の暗黒青春小説。
読むと心がざわつくし、気持ち悪さに吐き気がするし、嫌な方の共感もあって嫌悪で死にたくなるんだけど、それでもどこか惹かれる部分があって。
本作もそういう作品。とある美しい先輩の「自殺」にまつわる、悪意と虚無に彩られた青春の物語でした。
色々と感情が剥き出しすぎてゾッとした・・・・・・挿絵もやばい。
そのくせ最後まで読むと気持ちがスッとするんだからタチが悪いのです(褒め言葉)
少し描写的に気になる部分はあったものの、面白かったです。

☆あらすじ☆
立入禁止の校舎の屋上を主な生息地としている捻じくれた高校生・因幡文は、飛び降り自殺をしようとしてやめた先輩の鈴鹿涼子を目撃する。死の間際にあっても何の色も映さない鈴鹿の瞳に興味を覚えた因幡は、いじめられていて球体関節人形と因幡にしか心を開かない捻じくれた後輩・小刑部智世とともに、鈴鹿のストーキングを開始する。鈴鹿の日常はシンプルで、時折死のうとしては無感動にやめる、その繰り返し。尾行、ゴミ漁り、盗聴……。小刑部の類まれなストーキング技術で、因幡は鈴鹿の心の奥底に潜り込んでいく。愚か者と煙の集まる場所で、彼らの捻じくれた青春が風に揺られる。寂しくなったら読んでほしい、奇妙なストーカーと自殺先輩のお話。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スーサイド少女 /衛元藤吾

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・4 /山口悟


乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 4 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2016年8月刊。
めっちゃスムーズに話が進むようになってる!
今回はキース失踪から始まる、義弟探しの旅。
腹黒王子リードで始まった恋愛模様が混迷をみせ始めて楽しくなって参りました(笑

☆あらすじ☆
乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生した私。乱立する破滅フラグを無事回避し、あとは魔法学園卒業を待つばかり――と安心していたら、突然自慢の義弟キースが行方不明に…!? 「あなたが迷惑ばかりかけたせいよ」とお母様に責められ大反省した私は、仲間たちとキース探しの旅に出ることにしたけれど――。男女問わず恋愛フラグ立てまくりの、悪役令嬢を取り巻く恋のバトルは大混戦中?
大人気★破滅回避ラブコメディ第4弾、オール書き下ろしで登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・4 /山口悟