偏屈王の妖精画家 美を愛でる令嬢は筋肉がお好き /彩本和希


【電子オリジナル】偏屈王の妖精画家 美を愛でる令嬢は筋肉がお好き (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
コバルト文庫の電子オリジナル作品。
筋肉フェチで妖精画家の貴族令嬢と、人から忌まれる容姿を持った青年国王の出会いから始まるファンタジーです。
コンプレックスをこじらせた王様の心を、優しい言葉で解きほぐしていくヒロインの言動がとても素敵でした。推しを愛するオタクは強い。絵も描けるなら更に強い。
妖精絡みの不思議な現象を主役二人が解き明かしていくストーリーとしても面白かったです。シリーズ化してくれたら嬉しいな。

☆あらすじ☆
リューナック伯爵令嬢のフィオナは絵を描くことが何よりも好き。妖精の姿を見ることのできるフィオナは、従者のウィルを伴って王国中を旅しながら、妖精の絵を描く日々を送っていた。そんな旅の途中、フィオナに執着する美貌の青年男爵クロウリーに捕まり、拉致されそうに。必死に追っ手から逃げるうち、誤って谷底に落ちてしまう。そんなフィオナを助けてくれたのは、彼女が理想と思い描いていた容貌の持ち主で…!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 偏屈王の妖精画家 美を愛でる令嬢は筋肉がお好き /彩本和希