世界は愛を救わない /海老名龍人


世界は愛を救わない (講談社ラノベ文庫 え 1-2-1)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
ある目的のために、ちょっとした能力を使って「世界征服」を目指す幼馴染3人組の物語。
恋愛観のお話ですね。
迷走する少年少女の心の変化と、そのきっかけを与える特殊能力の使い方が面白くて良かったと思います。
ただ、うーん、序盤が一番面白かった感じはある。ネタがバレバレだからかな・・・・・・

☆あらすじ☆
壇上貫地と石野美香、そして僕、阿久津吾郎は、幼なじみで文芸部に所属していて――ちょっと特殊な力を持っている。超能力と呼ぶにはおこがましく、マジックと呼ぶにはつたない、その程度の特殊能力だ。ゲームで言うバグのようなその力を、僕らは“グリッチ”と呼んでいる。その力を使って、僕らは世界征服を目指している。冗談に聞こえるかもしれないが本気だ。僕たちが抱えているそれぞれの事情を考えると、世界を征服しないと救われないのだから――。
新たな愛の形を描いたちょっと不思議な新感覚ラブコメが登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界は愛を救わない /海老名龍人

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者5 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者5 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
貧乏伯爵令嬢と厄介体質王太子の王宮ラブコメ第5弾。
登場人物総出演で、ついに結婚式!
リネットは良い方向に成長し、話も綺麗に区切りがつき、なんだか最終巻な雰囲気ですね・・・・・・
あとがきを読むに続刊の有無は未定なのかな?
コミカライズも始まってるし、ここで終わるのは勿体ないと思います。
戦うヒロインのアクションパートが楽しくて気に入ってる作品なので、続きがあるならぜひ読みたいです。

☆あらすじ☆
ワケあり王太子殿下アイザックと、1ヶ月後についに結婚することになった貧乏伯爵令嬢リネット。結婚式に向けての準備で王宮は活気づき、これからの新婚生活にリネットは幸せを感じていたのだけれど……。突然、アイザックが作った魔導具が暴走し始め、城内は大混乱に陥ってしまって!? 強制転移に、アイザック様が二人に増殖ってどういうことですか! 結婚式を中止にしないためにも、絶対に暴走を止めてみせます!! ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者5 /香月航

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! /しめさば


本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! (ダッシュエックス文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
虚弱な本屋の店員が、その知識を買われてダンジョンに連れ出されてしまう冒険ファンタジー。
貧弱な主人公が悲鳴をあげながら走り回る姿が面白く、テンポの良さが最高でした。
サクサク読めて、ふふっと笑えて、最後は意外にも胸がぶわっと熱くなる。
知識は豊富だけど頭でっかちじゃなくて、誰よりも弱いけれど必死に身体をはって頑張る男の子。こんな主人公、好きにならずにいられない!
すごく楽しかったです。シリーズ化希望!

☆あらすじ☆
本をこよなく愛している青年、アシタ・ユーリアス。「一生本を読んで暮らしたい!」というアシタだったが、彼が働く本屋にはいつもひっきりなしに冒険者たちがやって来る。理由は簡単。彼の“知識”が欲しいのだ。本が読めたらそれでいいというアシタの想いとは裏腹に、顔馴染みの女冒険者、エルシィにダンジョンへ連れ出されたのが運の尽き。彼の博識さがダンジョン探索の鍵になると目を付けたエルシィは、貴重な文献をエサにしてアシタを更なるダンジョン探索へ誘い……。
“最も博識”で“最も貧弱”な本屋の店員が、「帰りたい!」と嘆きながらダンジョンを駆け回る!ドタバタファンタジーコメディ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! /しめさば

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2 /黒留ハガネ


世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 2 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
この面白くない世界を超能力で面白おかしく演出してやるぜ!というマッチポンプ秘密結社コメディ第2弾。
今回も面白かった〜!
ロマンを持て余し、無敵の力と莫大な金を持った大人たちによる、全力本気のごっこ遊び。
規模が大きすぎて本当にタチが悪いんだけど、キラキラと楽しそうにしてる姿が微笑ましくて好き。
仕掛け人側も仕掛けられてる側もすごく楽しそうなんですよね。超羨ましい。
新キャラ登場で更に賑やかになる一方、意外な展開にハラハラドキドキしたりして。
本気で推したい、このシリーズ。続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
異世界人(ババァニャン)――襲来!
平和すぎる日常に逆ギレし、秘密結社「天照」を創設した佐護杵光。超水球事件(マッチポンプ)を成功させ、充実した毎日を送る佐護のもとにある人物が現れる。
その人物とはロナリア・リナリア・ババァニャン(905歳)。
彼女は、魔王が絶滅危惧種に指定され、手厚く保護されている自身の世界を退屈だと断じ、佐護の世界へとやって来た異世界人であった。
しかしながら期待とは裏腹に、魔王は存在せず。
巻き起こる「世界の闇」に纏わる事件はすべて、佐護の自作自演。
そしてついにババァニャンは、ある計画の実行を企てることになり……?
最強の超能力者が紡ぐ、圧倒的マッチポンプギャグコメディ、第2幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2 /黒留ハガネ

後宮の烏3 /白川紺子


後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
後宮に住みながら皇帝に従わない謎の存在「烏妃」。
烏妃となった少女の運命と、烏妃に隠された謎に迫る中華ファンタジー第3弾。
今回も面白かったのだけど、何やら大きな事件に繋がる前触れのような内容。
今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「梟」が残した羽根に、自らの行く末を重ねる寿雪。
先代の戒めに反し夜明宮は孤独から遠ざかるも、寿雪自身は真に虚しさから逃れることが出来ずにいた。
烏妃の元には、今宵も訪問者が絶えない。泊鶴宮での怪異は、やがて烏漣娘娘への信仰を脅かす『八真教』へと通じて……?
他方、高峻は烏妃を「烏」から解放する一筋の光明を見出し、半信半疑ながらも寿雪と共にあることを決めた。
それぞれの過去が少しずつ明らかになり、真実はなおも遠い――。それでも確かに進んでいく、たとえ禁忌に触れることになろうとも……。
真の‟救い”は光であり、葛藤……。
数多の謎が繋がり、導く……歴史が再び動き出す――
シリーズ累計30万部突破!!圧倒的中華幻想譚、第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏3 /白川紺子

宝石商リチャード氏の謎鑑定9 邂逅の珊瑚 /辻村七子


宝石商リチャード氏の謎鑑定 邂逅の珊瑚 (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!超びっくりした!!
あわせてコミカライズもスタートするらしく、シリーズは今まさに絶好調ですね。
どんどん売れてほしい。そしてぜひ「螺旋時空のラビリンス」を劇場アニメ化してください。

さて、肝心の本編は、なんというか、嵐の前の準備回という感じ。
新章に入ってから、本当に丁寧に「愛」について掘り下げていきますね。
誰かに対する途方もなく巨大な感情を、どんな言葉で形にすればいいのか。
こんな関係なんですよ、と説明することの難しさにめまいがします。
色々と動き出した第9巻。いよいよ次は2桁に突入ですね。楽しみです。

☆あらすじ☆
この世界にはさまざまな愛が溢れている。
滞在していたスリランカの戒厳令発令をうけ、日本に一時帰国していた正義だったが、帰国前にある人物から連絡を受けていた。その人物の要望もあり、正義は日本滞在もそこそこに、ヴィンセントに会うため香港へと飛んだ。かつてリチャードを裏切っていたはずなのに、なぜか正義を助けてくれるヴィンセントの真意とは?そしてリチャードと再会した正義は・・・・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定9 邂逅の珊瑚 /辻村七子

86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年4月刊。
連合王国編完結。
ようやくここまで辿り着いた・・・っていう感動は何度目だ?
戦場で必死に戦い続ける彼らは、きっとこれからも何度も壁にぶつかり、何度でもそれを乗り越えるのでしょう。だから私も何度だって感動してしまうに違いない。
本当に良い作品です。とても面白かった。

☆あらすじ☆
生きるために、すべきこと。それは――〈連合王国編〉、後編!
誇り高く戦い、そして死ぬ。
それが我らのさだめ。生への執着など、とうの昔に、はるか彼方に置いてきた。
……そう思っていた。そう信じていた。
だが戦場へ臨み、潰され、壊され、朽ちることを良しとする〈シリン〉達の姿は、「エイティシックス」である彼らの目指す生き方が、只の狂気であると蔑む。
生きる意味とは何か。苦悩するシン。シンを理解しようと心を砕くレーナ。
だがその想いは不格好にすれ違ったまま――連合王国の命運をかけた「竜牙大山攻略作戦」の火蓋が、無情にも切って落とされる……!
『連合王国編』完結のEp.6!
戦わねば、生き残れない。だが戦えば生きられるわけでは、ない。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト

わたしの知らない、先輩の100コのこと1 /兎谷あおい


わたしの知らない、先輩の100コのこと1 (MF文庫J)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
真面目な先輩と小悪魔な後輩の一問一答な日々を描く青春ラブコメディ。
二人のなにげない日々の積み重ねが描かれていくのだけど、1冊の小説としては盛り上がりに欠けるかな。
ただ、質問を交わして互いを少しずつ知っていく、その「過程」を楽しむ二人のイチャイチャは可愛くて良かったと思います。

☆あらすじ☆
わたし、せんぱいのこと知りたいです。1日1問ずつ――教えてくれますか?
“最寄り駅が同じ”以外接点がなく、毎朝顔を合わせるだけだった先輩と後輩。そんな二人がある日、約束を交わしました。その内容は『1日1問だけ、どんな質問にも絶対正直に答える』というもの。
「わたしはせんぱいのことが知りたいですし、せんぱいも知らないことを知るのが好き。だからお互い、1日1問ずつ──100コの質問をできることにしましょう」
これは、1日1問ずつお互いの距離を縮めていく、二人のお話――早く付き合っちゃえよ!と思わず言いたくなる、Web発のイチャイチャ青春ラブコメ、待望の書籍化でお届けしちゃいます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わたしの知らない、先輩の100コのこと1 /兎谷あおい

86―エイティシックス― Ep.5 死よ、驕るなかれ /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.5 ―死よ、驕るなかれ― (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
連合王国編スタート。
え、エグい!
ちょいちょい挟まるラブコメだの性癖だのに笑ってたのに、なんだこの結末は・・・・・・むごいな。問いかけ方が、むごい。

☆あらすじ☆
待ち受けるは新たな地、白い戦場――〈ロア=グレキア連合王国〉編、開幕!
探しに来なさい――。
シンが聴いた〈レギオン〉開発者・ゼレーネと思しき呼び声。レーナたち『第86機動打撃群』は、その姿……白い斥候型が目撃されたという「ロア=グレキア連合王国」へと向かう。……だが。
それは生への侮辱か、死への冒涜か。
「連合王国」で行われている対〈レギオン〉戦略は、あの〈エイティシックス〉たちですら戦慄を覚えるほどの、常軌を逸したものであった。
極寒の森に潜む敵が。そして隣り合う「死、そのもの」が彼らを翻弄する――。
《連合王国編》突入のシリーズ第5巻!
雪山に潜む怪物たちが、彼らに、笑みとともに問いかける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.5 死よ、驕るなかれ /安里アサト

鬼人幻鐙抄 葛野編 水泡の日々 /中西モトオ


鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年6月刊。
妹を守るために家を飛び出し、製鉄の里の者に拾われた主人公。
里の巫女に想いを寄せ、その護衛となった彼は、想像もしていなかった過酷な運命に落ちていくことになるのです。
天保の世を舞台に、人と鬼の衝突と切ない恋の行方を描いた和風伝奇ものでした。
この巻だけだと、なんだかシリーズの途中で満を持して語られる主人公の過去話っぽい雰囲気。
途方もない道のりを歩む主人公の「始まり」を描いたお話でした。
面白かったけれど、まさに戦いはこれからだ!なノリなので今後に注目しようと思います。

☆あらすじ☆
江戸時代、山間の集落葛野には「いつきひめ」と呼ばれる巫女がいた。よそ者ながら巫女の護衛役を務める青年・甚太は、討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に出会う――江戸から平成へ。刀を振るう意味を問い続けながら途方もない時間を旅する鬼人を描いた、和風ファンタジー巨編の第一巻。
「何度読んでも号泣必至」「人生観が変わった」と絶賛の嵐だったWEB小説シリーズが、待望の書籍化! 全編改稿のうえ、書籍版番外編も収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鬼人幻鐙抄 葛野編 水泡の日々 /中西モトオ