乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・3 /山口悟



乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 3 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年3月刊。
ゲームクリア後の未知の世界へ進む第3弾。表紙のジオルドの表情にジワジワくる・・・・・
そしてカタリナ誘拐事件勃発からの恋愛パート大激震に笑いました。いいぞもっとやれ!

☆あらすじ☆
乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生した私。魔法学園で待ち受けるバッドエンドを全力回避した結果、素敵な仲間が増えました! 最大の危機が去り、はじめて迎える学園祭で大はしゃぎしていた私は、調子にのった挙句、誘拐されてしまって――!?破滅フラグを折った先で悪役令嬢を待っていたのは、新たな破滅フラグと恋愛イベントだった?
大人気破滅回避ラブコメディ第3弾は、新キャラ登場&オール書き下ろし!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は学園祭と、その最中に起こった誘拐事件騒動を描くストーリー。

前半の学園祭の話、カタリナが愉快な仲間たち以外にもクラスメイトとか周囲の人々をたらし込んでいるのが分かるのが面白かったです。
1年でめちゃくちゃタラシ込んでやがる。みんなでカタリナを愛でる世界が構築されてる・・・!

 

そこからの急展開。

誘拐事件とはいえ、そこはカタリナなので、まぁ大丈夫だろうと軽く構えていたのだけど、思った以上に大丈夫すぎて笑いました。
誘拐生活を満喫してるうえに実行犯までタラシ込んでまぁ。
イケメン執事ルーファスの懐柔とか流石でした。
自分たちの瞳の色をもった約束の印って、カタリナとは思えないロマンチックな発想ですよね。つまりこれはロマンスではなく単純明快にして言葉以外の意味がないアレ。まさにカタリナ!笑

 

そんな感じで学園祭と誘拐事件の話自体は面白かったのだけど、うーん、相変わらず構成がいまいち。
カタリナ視点で語ったことを他キャラ視点で語らせる構成には割と慣れた気がしてたのだけど、今回は重複シーンが特に長かった気がします。
もう少しカットしてくれると話がサクサク進むんだけどな・・・・・・

 

それはさておき。

 

前回のカタリナのピンチにより、にわかにざわつき始めた逆ハー事情。
特にジオルドの「我こそが正ヒーロー!」って感じの目立ち具合は非常に楽しいです。
水分補給キスに夢オチキスに追い打ちキス・・・・・・めっちゃ手を出してますね、この王子。
下のお兄さんは愛情を疑われるほど自制心が強いのに、弟はすごい。グイグイいってる。押して駄目なら押し流せ。

 

意外にもカタリナが意識し始めたようだし、このままジオルドルートに入るのでしょうか。それとも逆ハーメンバーの逆転劇が成るのか??
そのへんを楽しみにしつつ、引き続き読んでいきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。