エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜10 /東龍乃助


エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 10 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年7月刊。
毎巻、クサいほどに格好いい主人公の活躍と言葉に、胸を熱くさせられたシリーズでした。
全10巻で見事に完結。
過不足なく、余韻も素敵な、素晴らしい最終巻だったと思います。
東龍乃助先生、お疲れさまでした。4年間、楽しい時間をありがとうございました。

☆あらすじ☆
伝説終結! 新世代ロボットライトノベル、遂に最終巻。
エイルンの負傷と記憶の喪失。その代償により人類は救われた——ように思われた。だが地球自体を修復しなければマリスは再発生してしまうとジンは警告する。マリス再発を防ぐためには環境修復型ネイバー『ワールドガード』が必須。しかし起動できるネイバーフッドは限られ、さらに起動後はネイバーに取り込まれ、地球を癒やすため地球軌道上を周回し続けることになるという。『夏樹』を失ったセレンはこの任務に自ら志願。だが——
「行こう。エルフィーナ。彼女を助けに」セレンを救うため、再度一人の男が立ち上がる!
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル、遂に最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜10 /東龍乃助