夏の終わりに君が死ねば完璧だったから /斜線堂有紀


夏の終わりに君が死ねば完璧だったから (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
「夏の終りに訪れるはずだったビターハッピーエンドに最後まで抵抗した無謀な少年の話」という、あとがきのまとめ方が好きです。「無謀」っていう書き方に、少年への愛しさを感じてしまう。
自分の感情を他人に証明することは可能なのか。そもそも証明する必要はあるのか。
これは金塊病という不思議な病を通して描かれる少年と少女の物語です。
大金が絡む狂騒のなかで必死に繋がりを求めることの難しさと哀しさに、心が掻き乱されるお話でした。

☆あらすじ☆
最愛の人の死には三億円の価値がある——。壮絶で切ない最後の夏が始まる。
片田舎に暮らす少年・江都日向(えとひなた)は劣悪な家庭環境のせいで将来に希望を抱けずにいた。
そんな彼の前に現れたのは身体が金塊に変わる致死の病「金塊病」を患う女子大生・都村弥子(つむらやこ)だった。彼女は死後三億で売れる『自分』の相続を突如彼に持ち掛ける。
相続の条件として提示されたチェッカーという古い盤上ゲームを通じ、二人の距離は徐々に縮まっていく。しかし、彼女の死に紐づく大金が二人の運命を狂わせる──。
壁に描かれた52Hzの鯨、チェッカーに込めた祈り、互いに抱えていた秘密が解かれるそのとき、二人が選ぶ『正解』とは?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夏の終わりに君が死ねば完璧だったから /斜線堂有紀