神様は少々私に手厳しい6 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 6 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年6月刊。
プライムノベルスで5巻まで刊行された後、ヒーロー文庫で1巻から出し直し。
そしてついに完全新作の第6巻が登場です。
プライムノベルス版を集めていたので版型変更に戸惑いはあるけれど、最後まで書籍化してくれるなら全て受け入れます!やっと電子書籍化してくれたしね!笑

☆あらすじ☆
閉ざされた集落からの逃走劇!? ルーナと兄妹になる!? 滝に落ちた二人は無事に仲間の元へ帰れるのか。
巡礼の滝から落とされたカズキとルーナは洞窟で目を覚ます。
どうにか一命をとりとめた二人は、迎えに来た住人に案内されてとある場所に辿り着いた。
そこは、驚くほどのどかで、大人も子供もいる小さな村だった。
どうやら巡礼の滝から落とされて生き延びた人たちが集まって、村を築いたらしい。
ルーナと兄妹という設定にしてしばらくそこで暮らすことになったカズキは、一緒に料理をしたり、同じベッドで眠ったりと穏やかで幸せな時間を過ごす。
一生この平穏な時間を過ごしたいと願いつつ、再会を約束したアリス達の元へ戻らなければいけないと、二人は帰る手段を探すのだが、住人たちは、村からは決して出られないと言い――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい6 /守野伊音