ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 /大森藤ノ


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
外伝1巻から、ずっと【ロキ・ファミリア】が戦い続けてきた「都市の破壊者」。
いよいよ最終決戦です。
これまでの集大成。エピソードてんこ盛りでした。
シリーズ最大規模のバトルは胸熱だったし、とても面白かったです。
一方で、なんかこう「あれ?」と物足りなさを感じる部分もあり・・・・・・その子たちの話がメインだったの?みたいな。
と思ったら外伝最終巻ではないとのこと。なるほど。

☆あらすじ☆
『彼女達』は――冒険者達は最後の決戦に臨む
結論から言えば。
それは語り継がれることのない物語だ。
誰が勝ち、誰が負け、誰が生き、誰が死に、誰が吠え、誰が嗤い、誰が哭いたのか。そこに富と名誉はなく、倒れた者は歴史に名を刻むこともなく。誰の記憶にも残らぬまま、天の葬列に加わるのみ。
けれど、『彼女達』は臨むのだ。
巨大な悪に、邪悪極まる闇に。秩序のため、誇りのため、絆のため、『彼女達』は――冒険者達は最後の決戦に臨むのだ。
「1000年の時を越えて、もう一度冒険者達が下界平和の礎となる! ――ここに新たな神聖譚を記せ!!」
これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 /大森藤ノ

この恋を捧ぐ 鉄仮面令嬢はラスボス様の幸福を夢見る /秋空夕子


この恋を捧ぐ 鉄仮面令嬢はラスボス様の幸福を夢見る (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
乙女ゲームの悪役令嬢に転生した主人公。
そんな彼女が初めて恋した相手は、ゲームの攻略対象であるラスボス先輩だった。
他の攻略対象のルートでは必ず破滅する彼を救うため、主人公は先輩とゲームヒロインの恋を実らせようと決意するのです。

一途で内気な主人公と打算まみれの腹黒先輩の恋を描いた本作。
タイトルがいいですね。これは確かに恋に身も心も捧げた少女の物語だと思います。
コメディ色はほぼなく、シリアス強めのお話。
私の嗜好的には惜しい箇所もあったのだけど、一途なヒロインの健闘が良かったです。

☆あらすじ☆
表情が乏しくて鉄仮面令嬢と揶揄されるヘレーネは、コミュ障のせいで入学早々学園で迷子に。そのとき、素敵な先輩・ラインハルトに助けられ、一目ぼれをしたのだけれど……。その瞬間、ここが乙女ゲームの世界で、彼がとあるルート以外だと死んでしまうということに気づいてしまった!?
小物感漂う、噛ませ犬的な悪役令嬢の自分が途中退場する前に、絶対にラインハルト様が死なないルートに乗せないと!
そのためだったら、ヒロインとラインハルト様の恋が成就するように、陰に日向に応援します!!
恋に一途な転生少女の空回りラブファンタジー短編つきで書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む この恋を捧ぐ 鉄仮面令嬢はラスボス様の幸福を夢見る /秋空夕子