錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 /瘤久保慎司


錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年7月刊。
サブタイトルが美しいなぁ。
そしておいでませ九州!阿蘇がなくなっとるけど!(泣)
いつものノリにほっこりしたり、ギリギリのバトルに胸を熱くしたり、今回も素晴らしく面白かったです。
でもこの読後感はちょっと予想してなかったな・・・!

☆あらすじ☆
キノコを喰らう修羅の花!? 虹の胞子が、日本に「進花」を芽吹かせた!
濃密な死の香りに包まれる王の子を寒椿が生かす。煮え滾る鮮血の海から抜け出した子供・シシを救ったのは――、
「俺が誰だか知ってるなら。ガキより大物狙え、腰抜けども」
疾風無頼の兄上――赤星ビスコだった。
九州が誇る巨大監獄『六道囚獄』。そこには花を操る人造人間・紅菱の一族が収監されていた。人間に逆らえない宿命を背負い、監獄の中で虐げられる紅菱たち。しかし彼らを捕らえているのもまた、桜を操る紅菱で――。キノコの生命力を奪い咲き誇る花々。進化のキノコ『ナナイロ』の胞子により生じた未知なる花力が日本を動かす!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 /瘤久保慎司

『マリエル・クララックの婚約』シリーズ(1巻〜5巻+コミカライズ1巻) /桃春花


マリエル・クララックの婚約 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
萌えに生きる覆面小説家の貴族令嬢と、腹黒参謀系鬼畜メガネ(見た目)な騎士団副長の婚約から始まる恋を描いたラブコメディ。
欲望に忠実で暴走を繰り返すヒロインに笑い、彼女に振り回され毒される真面目なヒーローに笑い、なんかズレてるんだけど仲良しな二人の恋に笑える楽しい作品でした。
Wメガネという見た目だけなら優等生な組み合わせ。それなのに、なぜこうも問題児なカップルとなってしまったのか(マリエルのせい)
女の趣味がアレだったために、一身に苦労を背負うことになったヒーローの受難が最高でした。

☆あらすじ☆
地味で目立たない子爵家令嬢マリエルに持ち込まれた縁談の相手は、令嬢たちの憧れの的である近衛騎士団副団長のシメオンだった!?
伯爵家嫡男で出世株の筆頭、文武両道の完璧美青年が、なぜ平凡令嬢の婚約者に?
ねたみと嘲笑を浴びつつも、マリエルは幸せです。だって彼は私の大好物、見た目穏やかな腹黒系眼鏡美青年なのだから!
婚約者とその周りにひそかに萌える令嬢の物語。WEB掲載作を加筆修正&書き下ろしを加え書籍化!!

以下、1巻から5巻までのネタバレありの感想です。

 

続きを読む 『マリエル・クララックの婚約』シリーズ(1巻〜5巻+コミカライズ1巻) /桃春花