2019年上半期 面白かったライトノベル10選(2019上期好きラノ投票用エントリ)


好きラノの季節になりました。

第18回ラノベ人気投票好きラノ2019上期(2019年7月14日24時まで。Twitterからの投票も可能)

2019年もあっという間に半分が過ぎ去り、私は未だにあまり本が読めていません。
なので好きラノ参加は迷っていたのだけど、かなりハマった本があったので推しを推すために投票します(^^)/

 

1.筺底のエルピス(6)/オキシタケヒコ


朝日新聞にレビューが掲載されたことから(オキシタケヒコとは何者か 理詰めでダマす企み、SFラノベ「筺底のエルピス」(好書好日))全巻重版が決まり、いよいよエルピスの時代が来たのでは!?と声高に盛り上げていきたい作品。
人類の生存を掛けた鬼との戦いを、想像を絶するスケールと心震わすドラマで描き出す鬼退治SFです。
かなり刊行ペースが遅いシリーズなのだけど、待望の第6巻は半端なかった。待ってて良かった。ありがとうオキシ先生。あなたこそ鬼です。
筐底のエルピス、真面目に全人類に読んでほしい傑作なので、とりあえず1巻だけでも読んでみてほしい。

【19上ラノベ投票/9784094517729】

 

2.世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)(1)/黒留ハガネ


男性向けラノベの新作では最推し。
めちゃめちゃ笑えるので絶対に外で読んではいけない。

突然目覚めた超能力をウキウキと鍛えまくり、どんな戦いにも対応できる無敵の超能力者になった高校生・佐護杵光。
しかし高校を卒業し、大学も卒業し、晴れて社畜になっても敵が見つからないし何も起こらない。
これは、そんな無慈悲な現実を前に、涙を拭いて立ち上がった男の物語である。

・・・・・・という超絶怒涛のマッチポンプコメディ。どういうことかって?タイトルを見てね。

ちなみに2巻は8月に発売される予定。読むなら今!

【19上ラノベ投票/9784865544497】

 

3.スキルが強すぎてヒロインになれません/奏中カナ


女性向けラノベの新作では最推し。
めちゃめちゃ笑えるので絶対に外で読んではいけない。

異世界に召喚された片思いの少年・高遠くんを追いかけ、自分も異世界へと渡った女子高生のアリア。
勇者となった高遠くんに守られる「ヒロイン」への憧れはあるものの、与えられたスキルが強すぎてゴリラ並(本人談)
それをちょっぴり残念に思いながらも、全ては大好きな人のため、懸命に冒険へと挑むアリアの活躍を描いた異世界召喚ラブコメです。

能天気で恋愛脳全開なアリアの語りが楽しくていっぱい笑った。両片思いなダブル天然キャラの夫婦漫才も最高です。
書籍版を読み終わってすぐにWeb版も読破したんだけど、物語の終盤が更に最高なんだ・・・!すべて書籍化するまで応援していきたい所存。

【19上ラノベ投票/9784758091787】

 

4.賭博師は祈らない(5)/周藤蓮


孤独な賭博師と奴隷の少女の出会いから始まった英国物語の完結巻。
様々な立場にある人々の信念と願いが賭博という形で衝突し、その繰り返しの中で少しずつ変わっていく青年と少女の関係を描いてきた作品でした。
最終巻は、シリーズの締めくくりに相応しい圧倒的なドラマに感無量。本当に面白いシリーズでした。
「奴隷にされた少女」という存在が内包する問題を、真正面から逃げず厳しく描ききったところも好きだったな。

【19上ラノベ投票/9784049122060】

 

5.錆喰いビスコ(3)/瘤久保慎司


錆に覆われて荒廃した未来の日本を舞台に、「キノコ守り」の少年と、彼の相棒となった少年の冒険を描くファンタジー。
毎巻出るたびに「これは推せる!推すしかない!!」って思っている気がする。巻を重ねるごとに満足度が大きくなっていくのが本当にすごい。
熱量の高いストーリーと、劇場版アニメのように勢いとテンポが良い構成が素晴らしいんですよね。
そして自分の信念を貫くビスコと、彼の信念に絶対の信頼を置くミロの絆が尊い。
でもそれを興奮のまま書きなぐった当時の自分の感想記事はちょっと気持ち悪かった

【19上ラノベ投票/9784049121629】

 

6.天才王子の赤字国家再生術(4)/鳥羽徹


先行き真っ暗な国をさっさと売り払って隠居を決め込みたい王子が、思惑とは裏腹に盛大な快進撃を繰り返す戦記ファンタジー。
「こんなはずじゃなかったのに!」という王子の絶叫と、天才ゆえに勝ち続けてしまう彼の活躍ぶりの落差に毎回笑う。
戦いに勝っても苦労が増えるだけなんだねって、げっそりする王子を見て学んだ。
ちなみにこの王子、ヒロインのことを「俺の心臓」と呼び、彼女が絡むとサイコパスにセコム化する。そういうところも好き。

【19上ラノベ投票/9784815602727】

 

7.薬屋のひとりごと(8)/日向夏


そろそろアニメ化も秒読みでは?と勝手に思っている「薬屋のひとりごと」シリーズ最新刊。
ずーーーーーーっと粘着質に猫猫を想い続けた壬氏さま、やはりヤンデレの素質が素晴らしいな・・・と改めて感じ入った第8巻でした。
逃げ道を踏み潰して勢いよく放火した感。楽しい。楽しすぎる。そして怖い。
中世風中華ミステリーとしても相変わらず読み応えばっちりで面白いです。
いろいろと本題に入ってきている感じがあるので、今後の展開から目が離せません。

【19上ラノベ投票/9784074368846】

 

8.Unnamed Memory(1)/古宮九時


呪われた王子と孤独な魔女の御伽噺であり、最強剣士と最強魔女の痛快活劇であり、「結婚するぞ」と迫る男と「断固拒否です」と流す女のラブコメでもあるファンタジー。
そして、それだけでは語り尽くすことができない壮大な幻想的恋愛譚です。

細部まで作り込まれた設定は読み応えがあり、最強コンビによるアクションは躍動感が素晴らしくてワクワクします。
打てば響くような2人の掛け合いは気持ちが良く、テンポよく軽快に進んで最後まで楽しい。

書籍版が面白かったからWEB版も全部読んだのだけど、めまいがしました。なんだこの物語は。
どれだけ近いづいても、どこまでも遠くに感じる人と魔女の距離感。
その哀切に胸を痛めつつ、「これ絶対に最後まで書籍化しなきゃだめなやつでしょ・・・」と強く思うのでした。

【19上ラノベ投票/9784049122671】

 

9.悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(4)/永瀬さらさ


悪役令嬢転生ジャンルの中でも、かなり好きなシリーズ。
死亡エンド回避のため魔王を飼い慣らすはずだった悪役令嬢と、彼女を泣かせたいラスボス魔王の恋と波乱を描くファンタジー第4弾。
毎度怒濤の展開で楽しませてくれる作品です。
常に我が道を行く格好いいアイリーンと、そんな彼女が唯一勝てない魔王の関係が最高に好き(いや、魔王もアイリーンには勝てないのだけど)
巻を重ねるたびに面白くなっているので、今後も期待している作品。

【19上ラノベ投票/9784041072592】

 

10.八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる/羽根川牧人


武家と公家の和睦のため、幼い東宮の妻となった武家の鬼姫。
仮初めの東宮である夫を本物の帝とするため、慣れない公家社会で奮闘する鬼姫の活躍を描いた和風ファンタジーです。

この作品、「夫婦VS夫婦」のガチンコバトルがめちゃくちゃ面白いんですよ。
戦いのなかで描かれる夫婦の絆も熱いし、妻と妻の間に好敵手的な絆が芽生えていくのもエモい。
強い女と強い女が「彼女には絶対に負けられない!」と闘志を燃やし、互いに刺激し合い、正々堂々と技を競う。
そこに暗い感情はなく、あるのは高潔な対抗心のみで・・・・・・っていう、これがもう本当に気持ち良いのだ。

【19上ラノベ投票/9784040730462】

 

以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。