WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました


書籍版1巻だけは読んでいたのだけど、何となくWEB版をのぞいたらどっぷり浸かり、そのまま掲載分を全て読了。すごかった・・・

1巻の感想はこちらから

WEB版はこちら
Unnamed Memory(小説家になろう)

以下、ネタバレしかない感想。

書籍版1巻の「魔女と王様の恋を描いた御伽噺」感が好きだったんだけど、なんというか、そこから予想できるようで予想できない展開が転がり続けて驚いた。

いやだってハピエンの後に底からひっくり返すって思わんやん・・・?ACT1とACT2ってそういうことかよ!って叫んじゃった。
特にACT1からACT2に移行する際のオスカーの選択に「えっ!なんで!?ようやく過去を乗り越えて今の幸せ掴んだところだったのに!?めちゃめちゃバッドエンドやん!!」って衝撃を受けてしまって。
でもそういう彼のしなやかな頑固さと愛の強さには感動を覚える。
飄々としてるくせに底のほうにドロドロとした執着を抱えてるオスカー、めちゃんこ好き。
彼は全てのティナーシャを救いたいのか?なんという強欲。さすが王様。

そもそもUMって、バッドエンドを美しく描くことに拘りがあるように私には思えた。
奪われるのはいつだって突然で、だからこそ共に在る今が愛おしく、かけがえのないもので、残酷なほど儚い。
気が遠くなるほどバッドエンドが繰り返された挙げ句、最後もなんだか美しきメリーバッドエンドっぽくて、ある意味とても一貫した物語だった気がする。(一番ハピエン感あったのはACT2終了後だけど、その後の話を考えると・・・)
オスカーとティナーシャの夫婦漫才が明るく楽しいものであればあるほど、二人が背負う影を一際濃く感じるんだよなぁ。そういうコントラストが鮮やかだった。

個人的には苦手な展開も多々あったのだけど(特に側室展開はそれ自体も苦手なんだが、あんな形で知らぬ間に愛を試されたあげく周りから不貞判定で責められるオスカーを見るのがマジでマジできつかった・・・・・・これがACT2の後の話っていうのでもキツさ倍増)、最後まで読んでよかった。
オスカーとティナーシャの時空を超えた愛に、凄いものを読んだ・・・!という感動もひとしおである。

そういえばACT2後の話はちょっと『火の鳥』を思い出した。スペクタクルラブロマンス。
何度でも出会うというのは胸躍るロマンでありつつ、何度でも引き裂かれる悲劇と同義でもある。そのへんの徹底した容赦のなさに毎回心を抉られる気分だった。
繰り返される出会いと別れに、読み手である私ですら若干の疲弊感を覚えていたので、渦中にいた二人の心中は察するに余りある。

それだけに、ディストピアSFみたいな終盤のエピソードでの彼らの独白に心が震えるのだけど。

ガラス越しの夜空の下、寄り添うあうふたりぼっちの王と魔女。

世界と隔絶し、気が遠くなるほど孤独なのに、互いがいるからこそ安らかに在れる。
その穏やかさから滲み出る、罪悪感と狂おしいほどの執着にたまらない気持ちになる。 うわぁ・・・・・・好きぃ・・・・・・って。
終わらない御伽噺の壮大さに目眩がしつつ、このワンシーンだけでも読む価値があると思えるほど美しいシーンだった。

ACT1/ACT2が素晴らしいのは前提として、エピソード単品で見るならこの鳥籠の話が一番好みだったなぁ。
散々振り回されつつ、言い逃げ絶対許さんとばかりにお説教しにやってくるオスカー、ほんとブレない。

余談。書籍版2巻が最近発売したんだった。うっかり忘れてた。
良いもの読ませてもらったことだし、こちらも買わなければ。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。