WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました

書籍版1巻だけは読んでいたのだけど、何となくWEB版をのぞいたらどっぷり浸かり、そのまま掲載分を全て読了。すごかった・・・

1巻の感想はこちらから

WEB版はこちら
Unnamed Memory(小説家になろう)

以下、ネタバレしかない感想。

続きを読む WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました

低浮上・・・

更新頻度絶賛低下中の当ブログですが、しばらくこの状態が続きそうです。

本はぼちぼち読んでるんですけどねー。
最近はずっとWEB小説ばかり読んでました。「Unnamed Memory」と「女王の化粧師」は全部読んだ。どちらも面白かったです。あとで感想書こう。

まとまった時間がなかなか取れないので、しばらく簡易なメモ形式でブログを動かそうと思います。
Amazonの仕様変更のせいで書影が貼りづらくなったし、書影なしでいくかも?
楽天の書影なら貼れるか?どうだろう?
先に感想だけ公開して、後で修正するのもアリかなー。

とか何とか色々と考えてるんですが、まぁ無理のない範囲でブログを続けていく予定です。よろしくお願いします。

狼領主のお嬢様3 /守野伊音

狼領主のお嬢様3 (カドカワBOOKS)
狼領主のお嬢様3 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年4月刊。
悪徳領主の令嬢として殺された女と、彼女を殺して領主の座についた男。
悲恋で終わったはずの恋が再び動き出す転生ラブロマンス第3弾。
なぜか2巻完結だと思っていたので3巻が出てビックリしました。でも続編として面白かった〜!
過去を乗り越えた先に掴んだ幸せは消せない後悔と表裏一体で、今にも壊れそうなほど脆く感じる。
一方で、複雑な事情を背負いながら「絶対に手放せない・・・!」と必死になる姿がまたエモい。
悲恋のようでいて悲恋じゃない。儚くみえるけれど、その実とても逞しい。そういうところが好きだなぁ、と改めて思う第3巻でした。

☆あらすじ☆
「狼領主を私にちょうだい」--王女の言葉にシャーリーは!?
前世を乗り越え、婚約した狼領主・カイドと“お嬢様”シャーリー。挨拶に上がった王城で、王女・アジェーレアと出会う。模範的な王女である彼女にシャーリーは違和感を覚えて!? 転生しても続く恋物語、王都編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼領主のお嬢様3 /守野伊音