お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
溺愛ムーブで誑かしにくる妖狐の元夫を全力で拒否する薬屋の少女。
恋情のない、打算まみれの求婚を受け入れることはできない。
そう自分に言い聞かせながら、必死で逃げ続ける少女の奮闘を描く和風ファンタジー第2弾。
今回もとても面白かったです。やっぱり糸森作品の人外恋愛は本当に凄い。
人と怪の間に横たわる生態や価値観の違い。その摩擦によって生まれる火花のように鮮やかで儚い感情の交錯。
甘い言葉で包んだ残酷な関係なのに、そこに芽生える偽りではない何かにとても惹かれるのです。

☆あらすじ☆
「黙れよ、雪緒。もう甘やかさないからな」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。新婚早々放置され離縁されたことから、復縁を求めてくる彼のことが信用できずにいたけれど、白月が行方不明になったと聞いて……。彼を追った先で出会ったのは、白月そっくりの黒狐!? え? 他人の振りをしているけれど、あなた、白月様ですよね?
お狐様との異類婚姻ラブ第2弾! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

 

前回の騒動の後始末に赴いたまま、白月が行方不明になっている——
宵丸に話を聞いた雪緒は、彼に連れ出される形で白桜ヶ里へと向かう。
しかしそこで彼女は、あの世とこの世の境にある異界『朱闇辻』に迷い込んでしまうのです。

 

この「朱闇辻」の設定がとても面白い。
十六夜郷自体が妖しく美しさのある世界なのに、そんな十六夜郷にとっても異界であるというのが良い。ちょっと『千と千尋の神隠し』っぽい世界観かも?
異界から脱出するためには渡り賃が必要で、そのためにせっせと仕事に励まねばならないという設定が楽しいんですよね。どこに行っても薬屋している雪緒、ほんと勤労少女だ。

 

さて、そんな「朱闇辻」で白月と再会を果たした雪緒。
しかし何故か白月は黒狐に化け、自らを「天神」だと名乗るのです。

 

めちゃめちゃ怪しい。

 

だって彼はお狐様だから。
騙し誑かし弄ぶ。そんな怖い怖い怪異なのですから。
いったい今回はどんな裏があるのかとビクビクして身構えてしまうのも仕方ないと思うのです。

 

もちろん雪緒も警戒心剥き出しです。
捨てられない初恋を持て余しつつも、「信じる」と「こわい」が彼女のなかでせめぎ合う。
そういう雪緒の複雑な心境は今回もとても読み応えがありました。特に感情を花びらにたとえる話はイメージ的にも綺麗だし、彼女の心情も分かりやすくて心に残りました。

 

一方で、今回は(意外にも?)ラブコメなノリが前回より強め。
白月が別人のふりをしているせいか、二人ともいつもより素直に感情をぶつけ合っていた気がします。
ワンクッション挟まないと本音を明かせないのがもどかしいやら可愛いやら(笑)

 

雪緒と天神さま(白月in)のラブコメを楽しみながらも身構えて読んだ第2巻。しかし終盤の怒濤の伏線回収パートは唖然としてしまいました。

これ、凄くない????

朱闇辻の中で見られる現代日本を彷彿とさせる描写は気になっていたから(ドラえ●ん!)、「雪緒がいた元の世界」の話は語られるのかもなぁとは思っていたけれど・・・・・・

そっちに気を取られていたから白月の行動を見落としていた。

 

少し話は変わるけれど、私は人と人外の価値観の違い、性質の違い、寿命の違い、といった様々な障害を乗り越えて(あるいは飛び越えて)恋が生まれ、想いが結ばれるところに異類婚姻譚のカタルシスはあると思ってるんです。
もちろん1巻のオチみたいな民俗的な怖い話も良いんだけど、恋愛小説として読むなら「違い」を乗り越えるところに力を入れてくれる作品が好きなんです。

このあたり糸森環さんの作品は本当に上手い。

種族が異なる二人の間には歴然とした「違い」があって、それを思い知るたびに雪緒は苦しむし、白月も心に違和感を溜め込んでいく。
そういう感覚の違いは衝突を生み、摩擦を起こし、時には獰猛なケンカへ発展したりするのです。本当に苦労ばかりの関係なんだよね。

 

でも、だからこそ、「違い」を理解してもなお相手を求めてしまう心に強く惹かれてしまうのかもしれない。

口では拒絶しても初恋を捨てられず、「恋するままに息をとめたい」と願う雪緒の刹那的な恋心も。
決して惚れるものかとあざ笑いながら、雪緒を人の枠から外してしまおうと画策する白月の執着も。

どちらも人にとって優しい想いとはいえないのでしょう。きっと雪緒は元の世界に帰ったほうが穏やかに過ごせたはず。

それでも雪緒は選んでしまった。
身を引き裂かれるような悲しみに襲われながらも、生まれた世界を捨ててしまうのです。
このシーンの雪緒の激情にクラクラしてしまいました。
恋情ゆえに選んだ、元の世界との狂おしい別離。姉を送り出した瞬間の切なさも胸に刺さります。

 

雪緒が選んだことで、二人の関係性もちょっと変わった気がします。
雪緒の覚悟が決まったという感じかな。
白月の方は自覚まであと一歩かな・・・・・・お狐様、小賢しいくせに天然はいってるから・・・・・・

 

うーん、綺麗に終わったけれど続いてほしい!白月陥落まで読みたいです。3巻お願いします!

 

余談。
今回は出番控えめだった宵丸だけど、終盤で一気に存在感を取り戻してきて笑いました。
「花も滴るよい男」!
最高かな。ぶっちゃけ宵丸を選んだ方がなんだかんだ言って幸せになれそうではある。
そこにラブがあるかどうかは知らん・・・・・・が、波乱はきっとある。

 

余談2。
今回の章題、「通りゃんせ」の替え歌になってるわけだけど、糸森さんのセンスが爆発してて痺れました。
通りゃんせ、黄泉比良坂Ver。とてもクールだ・・・!

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)

糸森 環
702円(12/15 17:41時点)
発売日: 2019/02/20
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。