ブログさぼってジャンプ読んでた


僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ここ1か月ほどブログの更新が滞っていたみかこです。
久しぶりにブログを開いたら拍手メッセージが届いていました・・・気づかず放置してしまい本当にごめんなさい!(返信しました)

 

実は最近になって『僕のヒーローアカデミア』にハマり、そこから色々とジャンプ作品を読みあさっていました。
ヒロアカのためにWJを定期購読しようと思ってジャンプ+も入れました。
なんでBWで配信ないんだろ。でも雑誌は管理と始末が面倒だから電子書籍は本当に便利。

 

WJ作品はヒロアカ以外だと「鬼滅の刃」「呪術廻戦」を単行本で読んでいて、そちらもめでたく本誌派に移行。
てか「鬼滅の刃」って最終章なの!?うっそやろ・・・!

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

吾峠呼世晴
発売日: 2016/06/03
Amazonの情報を掲載しています

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

芥見下々
発売日: 2018/07/04
Amazonの情報を掲載しています

 

追うのが3作だけじゃ勿体ないなってことで「約束のネバーランド」「チェンソーマン」も読みました。

『チェンソーマン』は空気が独特だけどなんか読んじゃう。主人公が命をかける理由に思わず笑うんだけど、その剥き出しな精神性が好き。

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

藤本タツキ
発売日: 2019/03/04
Amazonの情報を掲載しています

 

『約束のネバーランド』は初期の頭脳派サイコスリラーみたいなノリが一番好きだったかも?
でもサバイバルも楽しいです。推しは油断した瞬間に死んだ。アニメはこれから観る予定。

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

出水 ぽすか
432円(05/24 02:05時点)
発売日: 2016/12/02
Amazonの情報を掲載しています

 

あとはジャンプ+自体に時間を喰われてました。本誌買うためだけに入れたのになんという落とし穴。
ジャンプ+連載の作品って初回無料で読めるんですね。知らんかった。
1度だけなら1話から最新話まで全部タダで読めるとか他アプリにはないシステムでは?1話と最新話だけ無料ってところが多いよね?採算だいじょうぶ?
でも読み返す場合は有償なので結局単行本を買うんだけど。ほんと罠。

 

そんなわけで色々読んでた。

 

ヒロアカ外伝の『ヴィジランテ』は“オールマイトに出会わなかった緑谷出久”っていうコンセプトが外伝として分かってるな〜って感じで超楽しい。
ヒロアカ世界の一般人やプロヒーローの日常風景を知れるという意味でも本編の良い補完になっているし、謎が多いストーリーは続きが気になる。色々ヤバそうな話が出てくるんだけど、これはいつか本編と繋がったりするんだろうか。
教師になる前の相澤先生が出てきたり、オールマイトの可愛さが詰まってるところも好き。お友だちに石鹸をプレゼントするとかキュートすぎない?オールマイトと塚内刑事が仲良しでほっこり。

スピンオフといえば『僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!!』も全部読んだけどトチ狂いすぎでは??
狂気すぎてめちゃめちゃ笑ったw

僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!! 1 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!! 1 (ジャンプコミックス)

根田 啓史
378円(05/24 02:06時点)
発売日: 2016/04/04
Amazonの情報を掲載しています

 

他にめっちゃ面白い!ってなったのが『地獄楽』
不老不死の仙薬を手に入れれば無罪放免になるという条件で、地獄のようなサバイバルに挑む罪人達の戦いを描いたお話。
愛妻家の主人公が良キャラなんだけど、良キャラでもぽろっと死ぬから全く油断できない。
緊張感にみちた展開のなかでゆるっとしたキャラの掛け合いが光ってる。
私はある兄弟を推してるんだけど、でもなー、これなー、最後は1人か2人残して全員死にそうなんだよなー・・・
話が進むと「地獄楽」というタイトルの意味もみえてくる。それがまた楽しい。

 

Twitterでバズってたけど『SPY×FAMILY』も良さげ。
敏腕スパイの父と殺し屋の母と超能力者の娘がそれぞれ正体を隠して疑似家族になる話。
まだ2話なのだけど設定だけでご飯何杯もいけるうえに、テンポも良くてワクワクさせてくれる。
娘が「ちち〜」って呼ぶのも可愛いし、2話で父が母に「指輪」を渡すシーンとか神がかってたので今後の展開も楽しみで仕方ない。

 

あと新連載で割と期待してるのが『HEART GEAR』
ポストアポカリSFかな。人が滅びた世界でロボットと暮らす少女がロボットを拾ってくるところから始まるんだけど、「こうだったらイイのにな〜」って思った展開がそのままきて笑ってしまった。コメント欄は「ええ〜・・・」みたいな雰囲気だったけど私は好き。
ラノベの「ハル遠カラジ」を思い出した。あっちは早く2巻読まなきゃなー

 

というわけで、そんな近況でした。
ジャンプ+にはまだ時間を取られそうだけど(読みたい作品が色々あって)、一応は少し落ち着いてきたのでぼちぼちブログを再開したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

以下はヒロアカについての雑談。
1か月かけて溜め込んだものを吐き出しているのでやたらと長くてネタバレあります。

 

 

僕のヒーローアカデミア 11 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 11 (ジャンプコミックス)

堀越 耕平
432円(05/24 02:13時点)
発売日: 2016/11/04
Amazonの情報を掲載しています

 

いやー。久しぶりに漫画にここまでハマった気がする。「菜の花の彼」以来かな?

 

みんなが個性と呼ばれる能力を持つ世界で、無個性として生まれた少年。
個性社会の頂点に立って平和を守る「ヒーロー」に憧れるけれど、自分には肝心の個性がない。
現実を痛いほど感じつつも、夢を諦めきれないでいた少年の前に降って湧いた、それこそ夢のようなチャンス。

持て余すどころか身を壊すほどの巨大な力を、少しずつ「自分のもの」に変えていくっていう成長物語なんだけど・・・・・・あーーーだめだ私の語彙力じゃ熱が伝えられないっっ!!

 

この作品読みながら何度も何度も泣いた。「悲しい」とか「切ない」とかじゃなくて、熱で心が昂ぶりすぎてボロッて涙がこぼれるの。
第1話の「泣くな!わかってたろ!?現実さ・・・・・・わかってたから必死こいてたんじゃないか・・・! 見ないように 見ないように———って。」からの「君はヒーローになれる」とかね。
読んだ瞬間ボロボロに泣きながら「うああああああ・・・!」って心で叫んだ。
誰にも言ってもらえなかった言葉を、誰よりも憧れた人に言ってもらう。デク本人がもはや諦めていたからこそ、真っ直ぐでシンプルな言葉が胸に刺さる。デクの闇を消し飛ばしたオールマイトの後光がまぶしいんですよ。これが「ヒーロー」・・・!
いやほんと完成度の高さが飛び抜けていると思う、この第1話。

 

そこから先の話がまた楽しくて。
ヒーロー輩出の名門校に進学して(ぼろぼろの入試試験が終わった後のオールマイトによる熱いタイトル回収が好きすぎる)、最初はピリピリツンケンしたクラスメイト達とは、度重なる困難を乗り越えるなかで次第に打ち解けていって。

「誰が好き?」と聞かれたら「A組」って答えるしかない。箱推しです。みんな好き。ついでに言うとB組も好き。
共に夢を追う仲間であり、トップを競い合うライバルであり、あったかい家族でもあるようなA組の雰囲気が心地よすぎて。

部屋王が終わった後の梅雨ちゃんの話とか、お茶子ちゃんの「また皆で笑って・・・頑張ってこうってヤツさ!」ってセリフがA組の絆を表してて好きなんですよね。
馴れ合いではない優しさとぬくもり。シンプルな言葉を引き立てるための話作りが上手いんだよなぁ。
関係性萌えオタクだからこういうの弱い。

 

他にも、オールマイトとデクの師弟関係だって好きだし(ちょっと天然入った師弟のやりとり可愛い)、デクとかっちゃんの険悪で誰よりも遠い幼なじみ関係も好き(デクにコンプレックス刺激される度に泣きながら吠えるかっちゃん、いいよな・・・)

 

ストーリー自体が面白いのは勿論、キャラだちと各人の関係性は最高だし、組み合わせ次第でどれだけでも多彩な戦い方ができそうな個性バトルも楽しい。
人気あるのも分かるわ〜〜これは面白い!ってニコニコしながら派生コンテンツにも手を出したのが更なる沼の入口。

 

特にアニメ!!!

 

なにあれ!?思わず目を剥くほどヌルヌル動くバトルシーンが凄すぎない???
1期はそうでもなかったんだけど、2期以降の力の入れようが半端ない。バトルシーンが楽しすぎて何度も何度も見たくなる。特に体育祭(轟戦と決勝戦)とAFO戦とかっちゃんとのケンカ。原作のワンカットを数倍に膨らませ、全体として完璧に仕上げてる。

 

原作を膨らませるという意味ではバトルシーン以外もそうなのだけど。
原作の行間(さらっと背景で流されるような箇所)をアニオリで無理なく補完してるのも素晴らしい。
合宿最初の「魔獣の森」の話を詳しく描いてくれたのとかすごく嬉しかった。しかもA組全員の活躍を見せてくれるとかサービス精神のかたまりか?
仮免試験のアニオリ回も好きだったり(障子くんに包まれる梅雨ちゃんかわわ)

 

でも、なによりも、なによりも、なによりも私的に衝撃を受けたのが声優さんの演技力!

私、アニメは昔から好きなんだけど、声優さんに注目したことはあまりなかったんですよね。キャラのイメージを壊さないならOK程度の認識。ぬるいオタクなので・・・・・・

それもあってか(?)ヒロアカアニメの「声で演技するってこういうことか!」っていう衝撃はすごかった。

デク役の山下大輝さんは「何オクターブあるの?」っていう声色の使い分けがすごくて、ナレーション、平常時デク、戦闘時デクでカチリカチリと切り替えていく感じがまさにデクそのもの。
デクのシャウトも好きなんだよな〜。血が滲みそうな必死さがダイレクトに伝わってくる。
「僕のヒーロー」回とか最高だった。少年を助けるために必死で自分を鼓舞するヒーロー性と「お母さんごめん・・・」の幼さのギャップが心にクる。そこからの決死のシャウト。
同じシーンに同じ声でこんなに演じ分けできるとか・・・・・・はぁ・・・・・・声優さんってすごい(小学生並)

 

もう一人すごいと思ったのが爆豪役の岡本信彦さん。
常に血管ぶち切れそうなかっちゃんにぴったりな配役(でもその発声で声帯は大丈夫なのか?)だと最初から思ってはいたのだけど、いやもうそんなレベルではない。これはかっちゃんだ。かっちゃんはこの人で、この人こそかっちゃんだ。

特に心を掴まれたのが体育祭決勝戦。
倒れた轟の胸ぐらを掴みながら「意味ねぇっていっただろうがクソがぁ!こんな1位なんて・・・!」って怒鳴るシーン。あそこ原作にないアニオリのセリフだよね。
人生初の劣等感から立て直し「完膚なきまでの勝利」を必死に求める爆豪というキャラクター。その掘り下げとして完璧すぎる補完なのだけど、このセリフにあてた声が更にパーフェクト。
行き場を失った怒りとか焦りとか、本気でぶつかったのに相手の本気が返ってこない悔しさとか、色んな感情でグチャグチャになってる声だ・・・・・・そうとしか聞こえない。
ひとつの声でこんなに幾つもの感情を同時に表現できるの??って鳥肌たちっぱなしだった。このシーンは狂ったように何度も見た。中毒性高い。

体育祭以外もかっちゃんの見せ場がくる度に岡本さんの演技力に震えていた気がする。ケンカのときの「なんで・・・!」も好き。怒ってるのに泣いてる、みたいな声色がサイコーなの。

 

秀逸なバトル作画と声優さんの熱演がガッチリと嵌まり、原作を超えるほどのドラマを見せてくれたのがAFO戦だと思う。
あの回を見てる私、泣きながら必死にオールマイトを応援する観衆と完全に一体化してた。
オールマイトが社会にとってどんなヒーローなのかを叩き込まれた。なぜ彼が少年達の憧れたりえたのか痛いほどわかった。だからこそ「さらばだ」の喪失感と美しさががががががが
この回はもはや冒頭から反射で泣くまである。オールマイトぉ・・・!

 

アニメ4期は10月スタートらしいけど、次はヒーローインターンの話か。
インターン編は辛い展開が多いけどファットガムと切島くんが戦うシーンがめちゃんこ好きだから楽しみ。
でもどうにか文化祭までやってくれないかな〜文化祭好きなんだよ〜〜歌って踊るA組をアニメで見たい!絶対アニメ映えするでしょ・・・!

 

アニメ語りが長くなってしまった。4期始まる頃は本誌はどこまで進むかな〜?
本誌派に鞍替えしといてなんだけど、週に一度少しずつ読むのってもどかしい・・・!
まとめて読みたい!でも続きが気になるから待てない!やったぜ明日は月曜日!!!

僕のヒーローアカデミア 22 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 22 (ジャンプコミックス)

堀越 耕平
475円(05/24 02:13時点)
発売日: 2019/02/04
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク
 
0

「ブログさぼってジャンプ読んでた」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。ジャンプ漫画も読んでいるという話は何回か聞いたことがあったのですが、ジャンプ+の方までチェックされていたとは!
    「SPY×FAMILY」いいですよね!
    1話があまりにも完璧すぎて2話から失速しないか心配だったのですが、むしろ加速してて安心しました。くねくねするアーニャ可愛い。あと最後のダイナミックプロポーズには痺れました!
    「地獄楽」は最近初回無料機能を使って読み始めたのですが「こいつめっちゃ強そう」ってキャラがバタバタ死んでいったり予測不可能な展開の連続でハラハラドキドキさせらっぱなしで……。でも好き。
    ほかにも「阿波連さんははかれない」「青のフラッグ」「サマータイムレンダ」「忘却バッテリー」など……、ジャンプ+は本誌やスクエアでも普通に連載できそうな作品ばかりで、さすが天下のジャンプ系列だなあと思います。
    これからも末永く続いてほしいです。

    1. スズナリンゴさん、コメントありがとうございます(お久しぶりです!)

      ジャンプ+は本誌を読むために入れたので、チェックし始めたのは本当に最近ですが、面白い作品が沢山あるうえにタダで読めるとか凄すぎますね!

      「SPY×FAMILY」、ほんと好きです〜。アーニャの父呼びとかワクワクしながら秘密を黙ってるところとか、可愛すぎて・・・!
      2話ラストのダイナミックプロポーズも最高でしたよね!!
      その状況に疑問を持とう!?ってツッコミからのエンダァァァァァァッ!!!笑

      「地獄楽」、キャラが立ってても容赦なく退場していく上に敵が強すぎて本当にハラハラします・・・
      どうかどうか推しは死なないで〜〜〜〜って祈りながら読んでます。そこが面白いんですが!!笑

      「阿波連さんははかれない」「青のフラッグ」「サマータイムレンダ」「忘却バッテリー」・・・・・・ほうほう。
      ジャンプ+で次に何を読むか迷っていたところだったので、参考にさせていただきますね!どれも面白そう〜〜
      ありがとうございます!

スズナリンゴ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。