ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 /師走トオル


ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)
ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
魔王再臨に備えつつ、人間同士の動乱に奔走する英雄達の戦いを描いた戦記ファンタジー第2弾。
2巻も面白かったです。話が面白いだけじゃなく、キャラの魅力も増してて良い感じ。

☆あらすじ☆
公国に広がる動乱は、ふたりの英雄を引き合わせる
セシリアとの結婚式が迫る中、カレルは自身の暗殺計画を察知する。犯人を突き止めるため、ドワーフの国へ向かうことになるのだが……。動乱は大きなうねりとなって、ふたりの英雄は邂逅を果たす――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は結婚式という幸せの絶頂でカレルが毒殺される—— という夢を見たことから始まる公国内の反乱劇。

この繰り返される夢オチ、本当に心臓に悪いですね・・・!

セシリアと誓いのキスして「なぜ人は口づけをするのか」という問いの真理に至ったカレルにめちゃめちゃ笑っていたのに。
いやほんと、キスひとつでこんなに感動できるカレル可愛すぎません???
小さい頃から各地を旅して見識を積み、窮地にあっても冴え渡る知性が光るキレ者だけにギャップが刺さりますw
この人どんどん嫁大好きマンになってるな・・・!

 

フライスラントとの緊張が続くなか、突如夢に現れたカレル毒殺の未来。
裏を探るうちに浮かび上がってきたのは、公国の忠実な家臣であるはずの三武伯の一角。
対策を取ろうとカレルが行動しているさなかセシリアが拉致され、フライスラント軍も侵入し、カレルはまたも窮地に立たされるのです。

 

公国内の動乱を描いたストーリーは1巻に負けず劣らず面白く、その中でキャラクターの掘り下げも順調に行われていて、読み応えはばっちりでした。

 

特に印象的だったのは最強の切り込み隊長・コルネリウス。
戦闘狂のそういうギャップ、とても好きですよ・・・・・・良いよ良いよ。ツンデレなのが更にGOODですね。

 

それと、カレルとようやく邂逅を果たしたヴェッセル王子も楽しい感じにキャラが深まってきました。
ヴェッセルみたいに、自分は斜に構えつつ、理想論を語る青くさい奴らを生温かい(でも優しい)目で見てるキャラって好きなんだよなー。
そして気づけば彼らの理想論に巻き込まれていくんですよね。ふふふ。今後の動向が一番楽しみなキャラクターです。

 

ヴェッセルといえばイエッタ。
私は愛に生きる変な人が大好きなので、ファイフステルの中ではイエッタが一番の推しになりそうです。
イエッタ、愛なのか信仰なのか忠誠なのかは良く分からないけれど、推しのために生きる!感が突き抜けてて最高です。
「おまえ、最近誰かに毒盛ったか?」「申し訳ありません、心当たりが多すぎて・・・」のくだり、めちゃんこ好き。
推しのためなら女王にすら物申せる強火のヤンデレ最高です。
うちの子の価値、ちゃんと分かってるんでしょうね?っていうモンペ感もあるよね。好き。

 

戦記ものとしては寄り道な印象が強い内容だったのに(3巻への前哨戦だったらしいし)十分面白くてすごい。
しかし夜闇に響く狂嗤とか、恐怖体験すぎて夢に出そうですね。
狂嗤の団、ただ強いってことよりも笑いながら剣を振り回して追いかけてくるのが敵としてはめちゃめちゃイヤな集団だと思う。サイコパスみ強い。

 

2巻も楽しかった!
引き続き3巻を読みます。

ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)

ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)

師走 トオル
691円(08/19 14:41時点)
発売日: 2018/09/20
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。