うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6・7 /CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
ラティナ可愛いアットホームファンタジーの6巻と7巻。
「前巻で綺麗に話が終わったのにまだ続くの?」と疑問だったのだけど、6巻も7巻も後日談と前日譚と幕間で構成された短編集のようなものでした。
外伝的には楽しめました。ただ、特に新展開があるわけではないのかー、と少し残念だったり。
このまま8巻で完結になるのかな?

☆あらすじ☆
容赦なく魔王たちを屠り続けた結果、予想外の事態はあったものの、無事にラティナをこの手に取り戻すことが出来た白金の勇者デイル。問題解決と同時に、勇者としての威厳が完全に抜け落ちた彼は、ラティナの傍を動こうとせず、離れていた時間を埋めるように、周囲が呆れるのも無視してイチャイチャ三昧の日々を満喫していた。一方、自分の選択により多くの犠牲者が出たことを悔やむラティナの前に現れた、意外な人物とは――? ラティナの両親が紡ぐ、切なくも温かな珠玉の前日譚も完全収録の、大人気アットホームファンタジー、第6幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6・7 /CHIROLU