皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 /佐槻奏多


皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 (一迅社文庫アイリス)
皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年12月刊。
女騎士だった前世を持つ少女が主人公の転生ファンタジー第2弾。
舞台を前世の祖国・帝国に移し、物語は百年前の事件の真相に迫っていきます。
ますます糖度を高めるバカップルのイチャラブがすごいけれど、私はその横で楽しそうにお散歩する皇帝陛下がとても好きだったりして。

☆あらすじ☆
「改めて結婚相手を選んでもらいたい」
前世、帝国の女性騎士だった記憶を持つオルウェン王国の男爵令嬢リーゼ。彼女は、転生前から自分を求めてくれた次期皇帝候補シディスと結婚するために帝国へと向かうことに。ところが、帝国についた途端、魔力を増幅する原初の光を持つリーゼとシディスの結婚に反対する者達が出てきたあげく、他の人との婚約を勧められてしまって!?
彼との結婚を邪魔されないように、さらなる戦闘能力を手に入れて、婚約解消を阻止してみせます!
秘密を抱える女官の転生婚約ラブコメディ第2弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

 

前世の最期に助けた少年・シディスと再会し、彼の婚約者としてかつての母国である帝国へ帰ってきたリーゼ。
しかし、リーゼが「原初の光」を持つことを知った帝国貴族達は二人の婚約に難色を示す。
事態を打開するため、リーゼは自衛のために魔法を使えるよう特訓を始めるがーー というのが2巻のストーリー。

 

この「貴族の反対にあって魔法特訓スタート」という流れ、少し強引に感じました。
魔力を次代に繋ぐ血統の問題と、原初の光と魔力は違うんじゃないかという疑問と、皇族なら戦う力がなければいけないでしょ!って話が混ざってて少し分かりにくい・・・・・・
そんなごちゃっとした諸問題をまとめて「だから魔法が使えるようになれば良いんでしょ!」という結論にもっていくのは若干ムリがあるように思うんですよね。

 

それはさておき。

 

魔法を駆使して魔物と戦うことが貴族の義務とされる帝国で、前世とは違い、ただ守られるだけの存在であることを歯がゆく思うリーゼ。
前巻では割と武闘派だった気がするのに、帝国に着いたら急激に大人しくなったような気がします。
剣が使えても魔法が使えないなら戦闘の役には立てないということなのか。なんだかヒロインが地味になってしまった・・・・・・

 

それでも頑張ってトレーニングして、ふとしたきっかけを得て魔物テイマーとなり戦線復帰したリーゼ。

 

・・・・・・うーん、なんだろうなぁ、このシリーズ、ひとつひとつの展開が強引では・・・・・・

前巻でも書いたけれど、何か起こる度にご都合主義が気になってしまいます(なぜか落ちてた不思議な結晶の存在とか)

 

引っかかる部分はあれど、前世から繋がるリーゼとシディスの絆は素敵なので読んでしまうんですけどね。
でもカトラ部屋は笑ったw  シディスの収集癖もやばいけど皇族を不要品置き場にするカトラの家族も図太いね??笑

 

あと皇帝がな〜〜〜!やっぱり良いキャラしてる。
ワンコモード気に入ってるの可愛すぎです。あざとく猫化したシディスよりも普通に自分が散歩したくて犬化した陛下を推してしまう・・・!

 

さて、今回で百年前の事件の真相は明らかになったけれど、ドナン教の問題はまだ解決してないですよね?
てことは3巻でるのかなー。期待してます。


スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。