鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 /冬月いろり

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)
鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
世界を脅かす魔王と、その打倒を目指す勇者。
彼らが紡ぎ出す御伽噺のような物語のなかで、傍観者であるはずの少年は何を思うのか。
これは最果ての地にある図書館を舞台に、館長の少年が自らの役割を知る物語です。
王道RPGを思い出させる小ネタが満載で、思わずニヤりとしてしまいました。
話も1冊で綺麗にまとまっています。
ただ個人的に時系列や設定が分かりにくいかなぁ。私の読解力の問題だろうか・・・

☆あらすじ☆
第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞作!
空間が意思と魔力を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナの北端に、誰も訪れない《最果て図書館》はあった。
記憶のない館長ウォレスは、鏡越しに《はじまりの町》の少女ルチアと出会い「勇者様の魔王討伐を手伝いたい」という彼女に知恵を貸すことに。
中立を貫く図書館にあって魔王討伐はどこか他人事のウォレスだったが、自らの記憶がその鍵になると知り……
臆病で優しすぎる少女。感情が欠落したメイド。意図せず世界を託された勇者。
彼らとの絆を信じたウォレスもまた、決戦の地へと赴く――
これは、人知れず世界を守った人々のどこか寂しく、どこまでも優しい【語り継がれることのないお伽噺】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 /冬月いろり