レッド・クイーン3 王の檻 /ヴィクトリア・エイヴヤード

レッド・クイーン 3 王の檻 (ハーパーBOOKS)
レッド・クイーン 3 王の檻 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
奴隷階級「レッド」と支配階級「シルバー」が存在する世界を舞台に、シルバーしか持たないはずの異能に目覚めたレッドの少女が革命の戦乱に身を投じていくファンタジー第3弾。

す、すごくエモかった・・・!

なんでしょうか、これは。私は何を見せられているのでしょうか。
静と動の落差が激しすぎる展開にひぃ〜と叫び、負荷しかかけない展開に死ぬほど胃が痛くなり、意外な人物に好感度を爆上げし、翻弄されるままに読んだ687ページ。
めちゃくちゃ面白かったです。面白かったけど心がヘトヘト。でも本当に面白かった・・・!

流された血に比例して、どこまでも膨れあがる憎悪。
心から殺したいと願うくせに、踏みにじられた愛情を捨てきれない未練。
そんな風に主人公を襲う複雑怪奇にして巨大な感情が凄まじいのです。ポテンシャルは感じていたけれど期待以上だったよ、メイヴン。

次巻で完結するようですが、本当にどうなるのこれ。
ハッピーエンド、もしくはメリーバッドエンドしか認めませんからねっ!

ちなみに映画化企画進行中とのことだけど日本でも公開してくれます?メイヴンは誰がやるの?そこが重要だ。

☆あらすじ☆
奴隷(レッド)の少女の行先は、「処刑台」か「玉座」か――。
全世界シリーズ累計400万部突破!裏切りファンタジー。
仲間の命と引き換えに、新国王に身を差し出したメア。囚われた彼女は国民の前に引きずり出され、忠誠を誓わされる。逃げ場のない檻で執拗に拷問されるなか、国王暗殺を目論むクーデターが勃発。支配階級“シルバー”に潜む反国王派は、かつて追放された正統な王位継承者――メアがともに戦ってきた元王子のカルを味方に引き入れようと企んでいた。交錯する疑惑と陰謀、疾風怒濤の第3幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レッド・クイーン3 王の檻 /ヴィクトリア・エイヴヤード