2019年1月の読書記録と面白かったラノベ

2月になりました。ハッピーバレンタイン!(早い)
1月は正月に宣言した通りに十二国記チャレンジから始めました。でも新刊に追われて途中で止まってます・・・・・・2月には少しでも続きを読んでおきたい所存。

そんな1月の読書記録はこんな感じ。

1月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:8300
ナイス数:623

まぁまぁです。平常通り。

そして1月はかなりの当たり月でした。

特に面白かったのは、

『十二国記1 月の影 影の海』(あえて挙げるのもなんだけど聞いていた通りの面白さでした)

『1/2ーデュアルー死にすら値しない紅』(できたてホヤホヤの男女バディが熱かった):感想記事

『錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」』(このラノ効果か10万部突破したそうですね。めでたい。ビスコ最高!):感想記事

『賭博師は祈らない5』(英国賭博師物語の完結巻。最初から最後の1ページに至るまで素晴らしかった):感想記事

『わたしの幸せな結婚』(王道結婚ロマンス。やはりシンデレラストーリーは良い。描写が上手いから尚良い):感想記事

『Unnamed Memory Ⅰ 青き月の魔女と呪われし王』(結婚しろと迫る呪われ王子と結婚なんかするか!と逃げる魔女の掛け合いが楽しい王道FT):感想記事

『天才王子の赤字国家再生術3』(売国奴志望の天才王子、相変わらずキレッキレである。さいこぱすー):感想記事

『私は隣の田中です 隣人は退魔師の主人公!?』(現代舞台で退魔FTな異世界転生もの):感想記事

『天下一蹴 今川氏真無用剣』(ゴブスレ作者の時代物。夫婦愛が大変美味しかったです):感想記事

『言鯨【イサナ】16号』(エスケヱプ・スピヰドの九岡望最新作。エスケ好きなら読んで損なし):感想記事

『やがてはるか空をつなぐ』(手製のロケットを介した青春恋愛群像劇。晴れやかな読後感が大好き):感想記事

 

とまぁたくさんあるんですけど、やはり1月の私的最高傑作は『筺底のエルピス6 四百億の昼と夜』です。感想記事はこちら
頼む!全人類『筺底のエルピス』を読んでくれ!!

 

以下、1月に読んだ本の感想メモです。

 

続きを読む 2019年1月の読書記録と面白かったラノベ