やがてはるか空をつなぐ /山之臨


やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)
やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
幼い頃に別れた少女との思い出に未練を残し、彼女への複雑な想いをロケットに託して飛ばしていた少年。
彼を中心にして繋がっていく5人の少年少女を描く青春群像劇です。

心に爪痕を残す苦い思い出や、ままならない自分自身への葛藤。
「自分らしさ」とは何かと苛立ちながら、それでも祈り、繋がりを求める少年たち。

今は遠くに感じるあの人に届きますように。どうか自分を見つけてくれますように。
彼らがロケットに託した願いは、果たしてどこへ辿り着くのか。

荒削りに感じる部分もあるのだけど、それでも良い作品だと思いました。私は好き。
登場人物達の苦しい胸の内に切なくなりつつ、爽やかなラストに気持ち良く読み終えることができました。

☆あらすじ☆
部室ではバルーン実験の準備が進んでいた。メンバーはロケットオタクの青桐七海、プログラマー山花俊、天真爛漫な後輩、町田佐奈の三人だ。実験の当日、彼らは近くの高校に通う赤森遙と出会う。活動に興味があるという遙は物理部へ入部を希望するのだった。彼女にはどうしても校庭でモデルロケットを打ち上げたい理由があるのだという。しかし過去に青桐が起こしたある事件をきっかけに実験は禁止されていて――。ロケットが紡ぐボーイミーツガールが幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

 

小学生の頃、おもちゃのロケットの噴射で水を浴びせてしまい、大切なハルちゃんを泣かせてしまった青桐七海
そのままハルちゃんと会えなくなった青桐は、高校生になった今も彼女に会いたいと祈りをこめてロケットを飛ばし、ヘマをしてロケットを禁止されても今度はバルーンを飛ばし続けるほど思い出を引きずっていた。

 

ーーーという出だしを読んで私は「好きな子を泣かせてしょんぼりしたまま大きくなった小学生かな?」と思ってしまったのだけど、結局、青桐に関しては割とそういう話だったと思うんですよね。

 

好きな子を泣かせたまま会えなくなったという事実が幼い青桐に与えた傷はとても深いものだったのでしょう。
何度も何度も記憶のムービーを再生させることで、彼の傷は時間に癒やされることもなく、その心にはずっと「小学生の青桐」が居続けたんじゃないかな。
いつまでもハルちゃんの影を追い続け、突き動かされるようにロケットを飛ばし続けた青桐。
そんな彼の姿を見ていると、彼の時間はハルちゃんと別れた瞬間で止まったままのようにも見えるのです。

 

そういう風に考えると、なぜ青桐が赤森遙の正体に気づかないのか?という点にも納得できる気がするんですよね。
青桐の心は小学生のままだから。
「小学生の青桐」が探しているのは「小学生のハルちゃん」だから、高校生になった「遙」に気づくことができない。
なんてもどかしいのか。ぶっちゃけ滑稽でもありましたけど。だって気付けよ!!って思ってしまう。

遙との出会いで彼の心の時計は少しずつ動き始めるのだけど、決定的に動いたのは札木を殴った瞬間なんじゃないかな。遅い!
・・・・・・遅いけれど、あのシーンの青桐は格好良かったし、一度心をまっさらにして遙を見つめたことが分かる良いシーンなんですよね。あそこまで追い詰められないと青桐の心はリセットできなかったんだろうなぁ。

 

あと、青桐が遙の正体に気づかなかった理由、作中で何度も触れるように「自分が知っているのは、その人のほんの一面にすぎない」というのもあるのかも。
「赤森遙」のことも、「柏木ハル」のことも、それぞれ一面ずつしか知らないから二人が繋がらない。ハルちゃんが泣いた本当の理由も、遙が謝りたい相手のことも、青桐は何も知らないのですから。
彼女のことだけでなく、友人の山花や柊のことも後輩の町田のことも、青桐は一面しか知らない。

そして、それは他の皆もそう。

誰もが誰かを知った気になって、実は知らないことばかり。
そんな人間関係の機微をとても丁寧に追っている作品だったと思います。

 

登場人物の誰もが自分自身ですら理解しきれない「自分」を持て余していて、だからこそ他人に「自分らしさ」を知ったふうに言われて苛立ってしまう。
その一方で、彼らは心の底から「知ってほしい」「見つけてほしい」と願っている。
「私らしいって何?」と他者を切り捨てながらも、それでも必死に「繋がりたい」と祈る不器用な彼らが、なんだかとても愛おしく感じました。
断たれた繋がりを求める彼らが「自分を見つけて欲しい」とロケットを飛ばす青桐を見つけ、心がバラバラに離れても、やがて青桐が飛ばしたロケットによってもう一度繋がる——  という構成もすごく美しい。
「やがてはるか空をつなぐ」って良いタイトルだなぁ、としみじみ。

 

うんうん。良い作品でした
青桐と遙の恋も素敵だったけど、私は山花の恋が一番好き。
最初はどこか斜に構えた雰囲気の山花が、家族関係のしがらみを捨て、過去を乗り越え、今そこにいる真琴のことを必死に追いかける姿にときめきが半端なかったので。彼はよう頑張った。
というか途中まで真琴が見ていたのは青桐だったのに、ラストでよくもあそこまで漕ぎ着けましたよね?
「山花くん報われてほしいけど無理っぽいな〜」とか思ってたのにラストの剛速球っぷりがすごい。アッパレを差し上げます。
でも家族紹介のくだりは外堀から埋める気満々だなテメーとニヤニヤしたよ!

 

遠くに感じる誰かを追い求める切なさを描きつつ、それをロケットで切り裂く晴れやかな読後感が素晴らしい作品でした。
次回作も期待しています。


スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。