言鯨【イサナ】16号 /九岡望

言鯨【イサナ】16号 (ハヤカワ文庫JA)
言鯨【イサナ】16号 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
『エスケヱプ・スピヰド』(電撃文庫)の九岡望さんによる待望の新作小説。
めちゃくちゃ面白かったです。
砂に覆われた大地で生きる少年が、世界を創造し今なお人々の生活を支える神『言鯨』の正体に迫る物語です。
謎と緊張に満ちた冒険譚にワクワクしたし、その先に待つ哀しい真実と、神秘を感じるクライマックスが最高でした。
うーん、これはネタバレなしに語るのが難しいなぁ。
とりあえず、エスケで九岡さんの作る世界観に惚れた人に読んでほしいなー、と思ったり。

☆あらすじ☆
神“言鯨(イサナ)”によって造られたとされる砂の時代。
骨摘みのキャラバンで働く歴史学者志望の少年・旗魚(カジキ)は、裏の運び屋・鯱(シヤチ)と歴史学者・浅蜊(アサリ)に出会う。
接近を禁じられた言鯨の遺骸の調査に赴くという憧れの人物に同行することになり胸躍る旗魚だったが、遺骸を見た浅蜊が妙な言葉を口にした瞬間、世界が一変し始めた――。

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレ踏まずに読んだ方が楽しい作品だと思うので、要注意で。

続きを読む 言鯨【イサナ】16号 /九岡望