見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 /江本マシメサ

(P[え]1-1)見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[え]1-1)見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
祖父の死をきっかけに実家の神社を中心に様々な騒動が起こり、その解決に奔走する高校生を描いたファンタジー。
表紙のケモ耳美少女にワクワクして読んだのに主にケモ耳はやしてるのは別の人物だとか表紙詐欺では!?笑
と思って見直したら表紙にもしれっといるやんけパパーー!笑笑
シリアスな顔して脱力系な日常コメディでした。
ふふっと笑えるシュールなネタが多くて楽しかったです。

☆あらすじ☆
七ツ星稲荷神社で見習い神主として家業を手伝う水(か)主(こ)村(むら)勉(つとむ)――通称トムはどこにでもいる普通の高校生。だが、「わし、狐だったんや」という言葉を遺して亡くなった祖父のせいで、トムの平和な日常は脅かされることになる。ある晩、トムがあやかしと呼ばれる不可解な存在に襲われかけたとき、不思議な雰囲気の少女に出会う。彼女は神社入り口にあるペアの狐像の片割れだと言ってきて――。 謎の事件に見習い神主とケモミミ神使が挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 /江本マシメサ