天下一蹴 今川氏真無用剣 /蝸牛くも

天下一蹴 今川氏真無用剣 (GAノベル)
天下一蹴 今川氏真無用剣 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
「ゴブリンスレイヤー」の作者の幻のデビュー作。新人賞の最終選考に残った作品とのこと。

わずか一代で国を滅ぼした天下御免の無用者・今川彦五郎氏真。
旧知の家康にお使いを頼まれた彦五郎は、愛する妻と共に、信長に蹴鞠を見せるため京都に向かうのです。
その「おつかい」の意味を重々承知した上で。

時代劇に馴染みが薄い私でも十分に楽しめる時代小説でした。
剣術槍術忍術が衝突するちゃんばら合戦。そこできらりと光るは蹴鞠の技。そんな破天荒なエンタメ感がすごく楽しかったです。
あと夫婦愛がとても良かったんですよね・・・・・・天下に無用と言われようとも「それがどうした」と支え合う夫婦の絆が尊い。

☆あらすじ☆
第六天魔王・織田信長が桶狭間で討った今川義元。その義元の佩刀、「義元左文字」は「それを持つ者は天下を取る運命にある」という。
信長のいる京までその刀を届ける密命を徳川家康より授かったのは、義元の息子――大名としての今川家を滅ぼしたとされる天下御免の無用者、今川氏真であった。
「己は駿河彦五郎。飛鳥井流と、新当流を少々」
今は彦五郎と名乗っている氏真は、和歌と蹴鞠を愛し、その妻、蔵春とともに京へと向かう。
その旅路を阻むは「甲賀金烏衆」。
剣風吹きすさぶ京への街道に剣聖直伝の彦五郎の剣が、鍔鳴る!
蝸牛くも×伊藤悠が贈る剣戟エンタテインメント小説!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天下一蹴 今川氏真無用剣 /蝸牛くも