賭博師は祈らない5 /周藤蓮

賭博師は祈らない(5) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(5) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
はぁ〜〜〜・・・・・・素晴らしかった・・・・・・
賭博師と奴隷少女の出会いから始まる物語は、ついに完結へ。
様々な立場にある人々の信念と信頼と願いが衝突する。その果てにあるのは、誰かが傷つかねばならない結末なのか?
最終巻に相応しい圧倒的なドラマに感無量です。本当に面白かった!

☆あらすじ☆
ロンドンの裏社会を牛耳るジョナサンと対立し、一度はすべてを失ったラザルス。だが賭博師としての矜持を奪われ、地の底を這いつくばったその先で、彼は自らが進むべき新たな境地へと辿り着く。
再起したラザルスはフランセスにも勝利し、ジョナサンとの全面対決を掲げた。かつて帝都にいた友人たちが残した、ちっぽけな約束を守るためだけに。
一方、ラザルスの無事に安堵したリーラだったが、彼女は故郷へ帰る為の乗船券を渡されたことに戸惑い、自分が主人に対して抱いていた想いに気付かされる。
――『私は、ご主人さまが好きです』
そしてラザルスはリーラとの関係にひとつの答えを出すことに。二人の物語に訪れる結末は、果たして。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない5 /周藤蓮