真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 /ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 (角川スニーカー文庫)
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
辺境で恋人とイチャイチャしながらスローライフする物語第3弾。
季節が冬だからなのか・・・バカップル度が増してません?糖度が高すぎて読むの大変だったんですけど!(興奮)
また、前々から胡散臭さを感じさせていた「加護」の問題に話が進み、ファンタジーとしての面白さも増していると思います。
やっぱり楽しいなぁ、このシリーズ。続きも期待しています。

☆あらすじ☆
愛しい人の温もりで幸せいっぱい――超人気・辺境スローライフ第3弾!!
温暖な地域である辺境ゾルタンにも、冬の寒波がやってきた。
「寒い日だからこそ来たくなるような薬でもあればいいのに」
リットのそんな提案から、レッドはかつての冒険で得た知識を駆使し新商品の開発に取りかかる。やがて、ゾルタンでは珍しい雪が降り始め、夜の森で雪を眺める二人は肌を寄せ合い暖め合う――
「あなたの身体って暖かいねぇ」愛しい人と温もりを分かち合う二人の生活は幸せいっぱい。
一方、””勇者の加護””による衝動から解き放たれる為、ルーティは暗殺者ティセと共に辺境の地・ゾルタンへと向かうのだが……!?
WEB発大ヒット作、3万字超大幅加筆による新規書き下ろしエピソードを収録。
加護によって引き離された兄妹、二人の運命が交錯する第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 /ざっぽん