妹さえいればいい。11 /平坂読

妹さえいればいい。 (11) (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。 (11) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
10巻の続き!な伊月大スランプ回。
おふざけの多いシリーズだけど、ふざけてはいけない場所はとことんシリアス。
何事もそう簡単に上手くいくわけがないのだけど、そうかぁ・・・・・・そう続いちゃうのかぁ・・・・・・という感じの11巻でした。次巻はよ。

☆あらすじ☆
10巻の続き!!!!!!!!!!!!!!
小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月を、恋人の那由多は優しく見守る。土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。
一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。
そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年の月日が経っていたのだ。
怒濤の流れに翻弄されながらも、主人公たちは足掻き続ける――。
大人気青春ラブコメ群像劇、衝撃の第11弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。11 /平坂読