不本意ですが、竜騎士団が過保護です2 /乙川れい


不本意ですが、竜騎士団が過保護です2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
前巻は「そんなに過保護かな?」という印象の本作ですが、2巻はタイトルに偽りなし。「竜騎士団が過保護」になっていました。やはり胃袋なのか。団員たちの即物的な過保護ムーブに笑うw
そして団長とリオノーラの関係は糖度ましまし。ノーラは相変わらず鈍感だけど団長はめっちゃグイグイきますね。そのくせ団長らしく部下を導こうとする気概もみせるから格好いいヒーローです。
物語もキャラもエンジンがかかりはじめた様子で、1巻よりも楽しめた2巻でした。続きも期待しています。

☆あらすじ☆
1巻重版出来!! ワケあり王女、団長さんに引き続き可愛がられてます!?
隣国の精鋭・竜騎士団に潜入中の王女リオノーラ。男だらけの中で紅一点頑張るものの、相変わらず過保護な団長ハーヴェイに認めてもらえず、もどかしさでいっぱい!
そんなある日、妹の婚礼祝いに兄王子がやってきた。正体がバレたら、本国に強制送還されてしまう。
竜騎士団に残りたいリオノーラは、団長の助けを借りて王都を抜け出すけれど…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 不本意ですが、竜騎士団が過保護です2 /乙川れい