ゴブリンスレイヤー9 /蝸牛くも


ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
今回はゴブリン遭遇戦の裏でゴブリン以外との戦いも繰り広げられ、ゴブスレ不在の状態で女神官の成長を示す内容でした。
牛飼娘のターンでもある第9巻。今回の話で思ったのだけど、ゴブスレさんの抱える哀愁を引き出すのは彼女の役回りなんだろうなぁ。
そして彼女こそが彼の帰る場所。なるほどこれが正妻か。

☆あらすじ☆
ただの配達。ゴブリンスレイヤーですら、そう思っていた。
牧場の手伝いで配達に出たゴブリンスレイヤーは牛飼娘とともに、ゴブリンの大群に待ち伏せされる。それは、ある祈らぬ者の策謀だった!
一方、ゴブリンスレイヤー不在の一党は、見習聖女の託宣(ハンドアウト)より、雪山を目指すことに。そこは、氷の魔女の統べる永久(とこしえ)の冬の領域だった!
包囲された雪の廃村で、牛飼娘を守り、孤軍奮闘するゴブリンスレイヤー。彼不在の中、女神官は、ゴブリンではない怪物たちの脅威と対峙し、一党の行動を決断していく――。
「――手は、あります」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第9弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー9 /蝸牛くも