後宮の烏2 /白川紺子


後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
後宮に住みながら帝に従わない神秘の存在・烏妃。
第1巻では孤独に幽鬼だけを見て生きてきた烏妃の変化と転換が描かれていました。続く第2巻ではその変化がもたらす運命が動き始めたようです。
単巻読み切り作品としても楽しめた1巻とは違い、2巻は長編シリーズに大きく舵を切った雰囲気。
風呂敷の広げ方、伏線の置き方、気になる新キャラの登場など、今後繰り広げられるであろう物語のスケールに期待が膨らむ内容でした。
ただでさえ中華系ダークファンタジーって好きなのに、神話に絡め取られた烏妃の運命の行方にハラハラドキドキが止まりません。
続きもとても楽しみです!

☆あらすじ☆
後宮で生きながら帝のお渡りがなく、また、けして帝にひざまずくことのない特別な妃・烏妃。
当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。
ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらす、が--。
烏妃をしばる烏漣娘娘とは何か?
烏漣娘娘がおそれる「梟」とは一体誰なのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏2 /白川紺子