新年の決意表明!2019年に私が読みたい積読ラノベの話


86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉 (電撃文庫)

明けましておめでとうございます!
本年も読書ブログ「晴れたら読書を」と管理人みかこをどうぞよろしくお願いします。

 

新年のご挨拶はこれくらいにして。

 

さて、今まで積んだ本の数を覚えていますか?

私は数えることをやめて早幾年。そろそろ1000冊に届くかも?戦々恐々。電子書籍怖い。

 

ちなみに2018年の1年間で読んだ本の数は310冊。

 

このペースでひたすら積読本を読み続けても1年では読みきることができません。
新作も読みたいから積読ばかり読んでるわけにはいかないし、もはや「積読」とは私のなかで「いつか読む本」から「いつか読めたらいい本」にシフトしつつあります。それでも積み続けるとか買い物依存症かな?怖い。

何にせよこういう状態なので積読を崩すには優先順位を付けなければならないのです。

 

と! いうわけで!

 

2019年にこれだけは最低でも読みたいな~というマイ積読をリストアップしました。
細かいものまで数えるのが面倒なので、とりあえず巻数が多いシリーズものだけ。
うーん、リストアップした分ですら今年中には読み終われない気が・・・?

 

そんなゆるゆるで超個人的な決意表明ですが、よろしければ以下をどうぞ〜

 

 

1巻を読んだとき「これは最高の傑作だ・・・!」と感動した電撃文庫の新人賞受賞作。
あまりにも1巻が良すぎて燃え尽きたまま2巻以降を読めていないという謎の状態に陥っているシリーズです。
電撃文庫のなかでもかなり売れている作品だし、そのうちアニメ化もしそうなのに、なぜかずっと積みっぱなし。
1巻が良すぎて・・・と言い訳のように繰り返してきたけれど、戦争や差別を扱うような精神的にずしっとくるテーマの本を読む気力と体力がないだけだと本当は気づいています。でも2019年こそ読む。

 

本編12巻、外伝9巻からずっと積んでいます。
気づけば積み始めてから1年以上経っていた・・・・・・時の流れが早すぎて恐ろしい。
ダンまちシリーズ大好きだから読みたい気持ちは強いんです。タイミングが合わなかったんだ。こういうこともある。よく積む人は分かってくれると思う。
最新第14巻がめちゃくちゃ面白いと聞いたので、今年こそは最前線に合流したいところ。

 

実は長年挑戦したかったシリーズ。
つい先日、ファン待望の新作が刊行決定!という吉報でネットが盛り上がっていたので、その勢いに乗って積読。
ずいぶん昔に「月の影  影の海」だけは読んだ気がするのだけど、アニメも小説もタイミングが合わなくてずっと手が出ず・・・・・・
2018年は「魔性の子」で読書納めできたことだし、新作発売日までには既刊全巻読破しておきたいです。

 

これも1巻だけ読んでるシリーズ。
最近アニメ化が発表され、「女性向けライトノベルにもアニメ化のチャンスがまだ残っていたんだ・・・!」とめちゃくちゃ感動したので積んでいた2巻以降を読みたいと思います。
1巻は破天荒なキャラやコメディパートは良かったけれど構成面が少し苦手だったんですよね。もしかしたらアニメの方が楽しめるかも・・・と思いつつ、お祝いがてら続きも読む予定。

 

人様に勧められた本を軽率に買う割には読まないことで定評のある(?)みかこです。読みたい気持ちはあるの!ほんとに!
同著者の『京都寺町三条のホームズ』は面白かったのでこちらもすごく期待していて、早く読みたいと思っています。
ホームズも7巻以降積んでるから読まねば・・・・・・

 

同著者の『わたしが大好きな小説家を殺すまで』を読んで心が惨殺され、前作も読んでみたいと思い、積読。
この作者さんの心情描写、めちゃめちゃ好きなんですよね。辛い辛い辛いでも読まずにいられない!って感じ。
きっと何を読んでも面白いんだろうなって期待があります。
全3巻だし連休とか利用すれば一気に読めそう。いやでも心が死にそうで怖い。

 

デュラララ!! (電撃文庫)
成田 良悟
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

電子書籍ってお手軽だしセールだと安いしで読むメドも立たないうちにぽんぽん買ってしまう。私には過ぎたシロモノだったかもしれない。
と思いつつ、またもセールで積んでしまったデュラララ!!の既刊全巻。
成田良悟作品は『Fate/strange fake』しか読んでないのだけどfakeはめちゃめちゃ面白かったし、人気作のデュラも面白いはず。ちなみにアニメは観ていません。

 

ドラマ版の「ゲーム・オブ・スローンズ」を先に見るか、原作の「氷と炎の歌」を先に読むか。
そんなことをぼんやり考えていたら原作電子版が投げ売り価格でセールされていたので思わずポチりました。電子書籍はこれだから・・・!
読みたい読みたいと思いつつどんな話なのか一切知らない状態。
人物相関図や勢力図がかなり複雑と聞いたので、ドラマ版の視聴と並行して原作を読もうか考え中です。

 

1989年11月にスタートし2017年3月に完結した、コバルト文庫屈指の長編シリーズにして人気作。
昔から気になっていたし、完結を機に読んでみるかーと思って買ってみました。漫画版は結構面白かったですし。
ただこれ全40巻(+外伝9巻)なんですよね。読み終わるかな・・・・・・

 

アニメ版は視聴し、原作も1巻だけ読んでいる(またか)少年陰陽師シリーズ。
買ったばかりのKindle Paperwhiteを使いたくて、丁度安くなっていたKindle版を試しに10冊ほど買ってみたんです。
その結果がこちら。


腹をくくって全巻(55冊くらい?)買うしかないよね・・・・・・そして読むしかないよね・・・!

 

このライトノベルがすごい!単行本部門2年連続1位の本作。
最近ではシリーズ総計100万部を突破した様子。イチセさんのところの好きラノでもトップランカーですね。
面白いよ〜、と聞いて、そうか〜、と1巻を買ったのはいつのことだっただろうか。1冊も読んでないけど7巻まで買ってあります。
異世界転生して一から本を作る話だとは知ってる。そこしか知らない。みんなが賞賛する理由が知りたいから読まねば。

 

2019年1月にアニメがスタートするブギーポップシリーズ。
新装版も登場し、少しずつ盛り上がりを感じています。
はるか昔に最初の何冊かは読んでるのだけど、どういう話だったか全然思い出せない。
この機会にライトノベルが誇る超有名作をきちんと履修しておきたいところ。

 

最近のライトノベルのなかで私が特に推している『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』。
その同じ著者の完結作で実は5年ほど積んでいたりして。
最近ちょっと思うところがあり、急激に読みたくなったシリーズです。
具体的には魔奴愛の次の新刊が出る前には読んでおきたいな、と。多分繋がりはないのだけど、せっかくだし?みたいな感じで。

 

特に優先順位高めに読みたい積読シリーズはこのあたりです。
他にも読みたい積読は色々とあるものの、さて、実際どれくらい読めるものか。
1年後、この記事を読み返した自分の反応が楽しみです_(´ཀ`」 ∠)_

 

スポンサーリンク
 
1

「新年の決意表明!2019年に私が読みたい積読ラノベの話」への2件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます!
    今年もぜひ素敵な読書ライフを!
    積ん読の量がすごいですね…!
    私もよく積んでおります。
    年末に辻村さんの宝石商シリーズの1巻をようやく読みました。面白かったです!続き気になりますが、既に結構出ておりますね…!
    今回の記事で触れられてる斜線堂さんの小説家のお話も気になってるので、今年読みたいなと思ってます!
    みかこさんの1年後の結果楽しみにしてます(o^^o)

    1. くじらんさん、コメントありがとうございます。そして明けましておめでとうございます!

      >積ん読の量がすごいですね…!私もよく積んでおります。

      積読多すぎてやばいです。積み始めるとキリがありません。
      お互い、気をつけましょうね・・・・・・ほんと積ん読怖いですよね・・・・・・

      >年末に辻村さんの宝石商シリーズの1巻をようやく読みました。面白かったです!続き気になりますが、既に結構出ておりますね…!

      くじらんさん、宝石商シリーズに手を付けられたのですね!
      現在8巻まで出ていますが、6巻で一区切りついているので是非そこまででも。1部も2部もとても面白いですよ〜(*^_^*)

      >今回の記事で触れられてる斜線堂さんの小説家のお話も気になってるので、今年読みたいなと思ってます!

      『私が大好きな小説家を殺すまで』ですね!
      めちゃくちゃ良い作品なので是非!心は傷だらけになりますが、とても記憶に残る作品だと思います。

      >みかこさんの1年後の結果楽しみにしてます(o^^o)

      来年の自分に恨まれそうだなって思っています笑
      積読消化がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。