【感想】天地の狭間のランダム・ウォーカー /西条陽



天地の狭間のランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
未知を求めて世界を旅する調査官のコンビを描いたファンタジー第3弾。
今回でひとまず完結だそうです。売上げが厳しかったのか・・・・・・
エピソードごとに作風も世界観もがらりと変える、変幻自在な引き出しの多さに圧倒されるシリーズでした。次は長編を書いてみてほしいなぁ。

☆あらすじ☆
調査官・ヨキとシュカの旅はまだまだ続く。珠玉の短編集第三巻!
セントラルの調査官・ヨキとシュカが今回調査するのは、剣の腕が最も重要視される地。そこには、世界を創世したと言われる剣が存在し――。シュカが調査官になるきっかけになった物語「月夜に架かる橋」も収録。

⚠︎以下の感想では作品の展開や結末に言及する場合があります。ご注意ください。

 

2本の剣と二人の剣士の話。
「創世神話の剣」という設定や、殺し合いの中に神聖な真理をみるというのが面白かったのだけど、話自体は正直良く分からんってなりました。
テーマが壮大すぎて逆にふわっとしすぎたような・・・?

 

予言を当てる聖典の存在と、それによって聖女とされた少女のお話。
これは面白かったです。

まず聖女とされる女の子のリアリストっぷりが好き。
信仰心なんてないくせに使えるものは何でも利用してやろうとするふてぶてしさ。そうやって守りたいものを全力で守ろうとする気概。
普通の感性で生きる優しくて強い女の子っていうキャラクターが最高でした。めちゃめちゃ好きなタイプ。飾らない語り口も良い。

そんな彼女を「聖女」に仕立てた聖典の真実も楽しい。二転三転してのロマンチックな着地が素敵すぎて。
子孫は残念な見栄っ張りになってしまったけれど、ご先祖は純粋だったんですね・・・・・・ラヴクラフト・・・・・・まさかLOVEクラフト・・・!?

 

任侠と人形の話。ダジャレか!
正直、途中までは前巻の「ビート侍」の方がパンチのきいた時代劇ものとして出来が良かったなぁとか思っていたのだけど、終盤の展開に思わず引き込まれてしまいました。任侠は格好いい・・・!
花道を往く男の背中で締めるっていうのも、潔さと切なさを静かな余韻に残す雰囲気が最高でした。

 

調査員になる前のシュカのお話。
これは泣きました・・・・・・とても切なかった。
今のシュカとは正反対の昔のシュカと、彼女が出会った調査員の老人アストラ。
老賢人との出会いと、託された想いの深さが今のシュカを作ったのだなぁ。私は今のシュカの方が断然好きです。

そしてラストのオチも秀逸。
だって「先輩」って呼んでたヤツがそこにいるとか思わなかったんですよ。え、これだとヨキが先輩じゃないのか???

 

楽しいシリーズでした。
西先生の次回作も楽しみに待っています。
ランダム・ウォーカーの4巻が出るのが一番ですけどね・・・!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。