魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?7 /手島史詞


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?7 (HJ文庫)
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?7 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
みんなで遊ぶぞバカンス回!
カラーイラストの水着ネフィが神々しすぎて拝み倒したくなります。
それはそうとめっちゃサブカプ増えている気が・・・?楽しい・・・!(カプ厨)
でもやっぱり一番はザガンとネフィですね。熟年夫婦ムーブと新婚夫婦ムーブを交互に繰り出すの、端的に言って強い。
少しずつ進んでいる本筋の展開も気になるところ。次巻が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
せっかく海に来たということで、海で遊ぶことにしたザガンたち一行。海といえば水着! ということで着替える面々だが、男性陣は女性陣の麗しい姿にタジタジ。それでも仲睦まじく過ごしていたザガンとネフィだったが、彼らの前に聖騎士長と呼ばれるミヒャエルがその姿を現す。どうやら敵対するつもりはなさそうな、軽い調子の彼からもたらされた情報によると、<魔王>の一人を撃破した魔術師が次なる標的にザガンを狙っているらしく――。
大人気ラブコメファンタジー絶好調の第7巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

夏だ! 海だ! 水着だ!

 

ということで真冬に刊行された水着回です。
ゴメリおばあちゃんがいい仕事してみんな水着です。ネフィの水着が可愛すぎるー!これはザガンが直視できないのも分かる!!

ていうか最近は息ぴったりの熟年夫婦感が定着しつつあったのに前回のキスの一件で一気に距離感がつかめなくなってる二人が可愛すぎて可愛すぎて昇天しそうでした(早口)
なんで君らお互いの存在に慣れないの・・・・・・好きすぎて顔そむけちゃうってなに・・・・・・好き・・・・・・

 

途中の釣り大会とか糖度上昇しすぎてはなぢが出そうでした。
もうさ、頑張って隣に座ったネフィにもキュンキュンしたんだけど直後のCOMTAさんの挿絵が可愛すぎて!密着だよ!!
ザガンの顔が赤いの可愛すぎるしザガンの腕にすっぽり入ってるネフィも可愛すぎるし私は今回の記事で後何回可愛いを連呼するんだ。

 

なんかもう心がずっと早口で萌えを叫んでる。魔奴愛ほんと尊い。はやくアニメ化して。

 

ザガンとネフィに萌え倒すのはいつものこととして、今回は今まで以上にサブカプ押しの回だった気がします(この作品だけはハーレム展開してほしくなかったから心の底から安堵できる傾向だ・・・)
一番目立つのはシャスティルとバルバロスだけど、他にもゴメリとキメリエスとか、ネフテロスとリチャードとか。

まぁネフテロスとリチャードはリチャードがもっと頑張ってモブ級から脇役級にならないと一生片思いなんだろうけど。
ザガンが義兄ムーブで意地悪するまでもなく本人の眼中にないですし。あわれ。

個人的にはゴメリとキメリエスについてもっと詳しく!って感じです。シリーズが長く続けばゴメリ回もくるかな?

そして今回やたらとデバガメされていたシャスティルとバルバロス。
私としてはポンコツとツンデレの組み合わせは好物なのでニヤニヤしながら楽しんだのだけど、うーん、バルバロスにはこのまま片思いしていてほしいなぁ笑

 

メインカプとサブカプにニヨニヨしつつ、合間に挟まれるザガン一派の仲良しっぷりにもほっこり。
一連のイベントぜんぶ楽しかったけど、バルバロスの恋路をデバガメしているシーンの聖騎士たちとザガンのやり取りが好きです。邪魔者排除の鮮やかさも好き。
なんて高度な技術を駆使した出歯亀なんだろう。無駄にかっこいい。

 

本筋の方にも色々動きが。
わかりやすくヤバそうな敵を出しておいて実は・・・、という展開、楽しすぎてワクワクしました。そうだよね、その人最初から超怪しかったもんね・・・!
こんなにストレートに苦戦するザガンも珍しかったし、そのうえで勝ったあとの一服が痺れるほどクール。前半で嫁の水着を直視できなかった人と同一人物だとは思えません。文句なしにめっちゃ格好良かった!

 

ついでに色々と伏線も回収され、天使だの何だの気になるフレーズが出てきたのですが・・・・・・それよりもマルク・・・・・・?

そう言えば私の積読本棚の中に「影執事マルク」っていうシリーズがあるんですが。あれも挿絵はCOMTAさんだよね。
思い出したついでにそろそろ読む時期がきたのかも。まぁ本作との繋がりはなさそうだけど(読んでないから判断がつかぬ・・・)

 

次巻もとても楽しみです!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。