最強同士がお見合いした結果3 /菱川さかく


最強同士がお見合いした結果3 (GA文庫)
最強同士がお見合いした結果3 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年11月刊。
恋愛下手くそな二人のための恋愛サマーキャンプ回。なんじゃそりゃ!と思いつつ楽しかったです。
でもこれで完結・・・?

☆あらすじ☆
「恋愛サマーキャンプへようこそ!」
エリカの尽力で無事に再開されたアグニスとレファのお見合い。だが、『相手を一方的に惚れさせる』使命と二人の恋愛ポンコツぶりのせいで、状況は遅々として進まない。
業を煮やしたメイとロゼリーヌは、二人を『恋愛サマーキャンプ』に送り込むが、規格外すぎる最強ぶりとポンコツぶりはとどまることを知らず、現場は想定外だらけの大騒動!?
それでもひと夏をキャンプで一緒に過ごし、二人の距離はさらに近づいていく。
だがその頃、停戦中のイグマールとエスキアの間では、再び戦雲が巻き起ころうとしていた!
愛と強さが試される、最強同士の恋愛ファンタジー第三弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

無事にお見合いが再開するも、両陣営トップの監視下という緊張感のなかで今まで以上にガチガチ状態のアグニスとレファ。
両思いだけど両思いだとバレないようにお見合い結婚しなければならない、という縛りプレイ状態でラブゲーム再スタートかと思いきや、予想通りのポンコツっぷりを披露した二人は、参謀たちの計らいによって恋愛サマーキャンプに参加することになり・・・という第三巻。

 

ブートキャンプなノリで恋愛力を身につけようっていう発想、嫌いじゃない。
あと「実はそれ自体が出会いの場」というのも合理的ですよね。恋愛弱者と互いに知ってる者同士なら上手くいくっていうのも分からんでもないし。

 

なのになーぜか上手くいかないアグニスとレファ。
ツッコミ不在で空回りし続ける二人のボケっぷりが楽しかったです。
そのくせレファの内心描写は純愛小説もかくやという丁寧さでとても良かった。水浴びしながら恋心を確認するシーンはきゅんきゅんしました。

 

今回はレファの心情メインでアグニスの描写は薄めだったけど、まぁこの二人のことだしトレースしたように同じことを考えていたに違いない。お似合いすぎです。はよ結婚しろ。

 

と思ったら結婚しちゃった!?

 

え!展開が早くないです!?
お見合いの再開は!?両国の軋轢は!?帝国の脅威は!?!?

 

そのへん、終盤の怒涛の展開でババーッと一気に話をまとめちゃいましたね。めちゃめちゃ駆け足!
いや、参謀たちの活躍と最強ふたりの一騎打ち自体は面白かったんですけど。
でも二人の戦いを見た帝国の皇帝が感銘を受けちゃったら話が終わってしまうやん。

 

うーん、おわり、なんでしょうね・・・・・・
あとがきに「一区切り」と書いてあったけど、お見合いが終わった以上はこのタイトルで続けられないだろうし、そもそもその書き方は打ち切りの常套句・・・・・・

 

まぁいいです。この巻自体は面白かったし戦場のプロポーズにはグッときましたから。
楽しいラブコメシリーズでした。二人の未来に幸あれ!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。