2018年11月の読書記録と面白かったラノベの話

12月です。いつの間に・・・!

年間ベストを選びはじめる頃合いですが、11月後半は死ぬほど忙しくてここにきて新刊の読書量がガクッと落ちてしまいました。
懐かしき「影の王国」シリーズを再読してたせいでもあるのだけど。

11月の読書メーター
読んだ本の数:27
読んだページ数:7118
ナイス数:222

 

というわけで11月はあまり面白いラノベに出会う機会が取れず、「『影の王国』は良いぞ!」とひとり90年代にタイムスリップしたようなことを言うしかないんですけど『影の王国』はいいぞ。

 

再読感想記事も愛を込めて書きました。

 

あ、でも(新作ではないのだけど)『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』は面白かったです。
不遇のなかでもポジティブに強いヒロインの物言いが気持ち良い異世界召喚もの。
あきさんのコミカライズが楽しかったから原作も読んだのだけど、ブログに感想記事をあげてなかったか・・・というか2巻までしか読めてないし・・・うむむ

 

あとは『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』の新刊がすごく良かったです。
ネトゲ嫁はいつだって我が癒やしなのだけど話自体も構成が上手くて面白いのだ。こちらも早くブログに感想を書かねばですね。

 

12月はもう少し新作も読みたいし、ブログも更新したいと思っています。積読がやばいんだ。

以下は11月に読んだ全作品の感想メモです。

続きを読む 2018年11月の読書記録と面白かったラノベの話