リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平


リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

突如現れた地球人という脅威にさらされるリオランド王国。
しかし外敵への対処の裏で王国内でのミカドの立場は揺れていてーー という第二巻。

 

2巻の内容では、投獄されたミカドがエチカから貪欲に知識を吸収していくシーンと、ハァミアの身を削る大儀法が行使されるシーンが好きです。

ミカドとエチカの、運命共同体な感じがすごく好きなんですよね。
全てを共有している状況もそうなんだけど、違う立場にいながら同じ方向を見ている感じがすごく男女バディっぽくて。
どんな苦難にあっても、二人一緒に乗り越えていきそう。友人でも仲間でも同僚でもない、いわば「同志」という雰囲気が最高です。

そしてハァミア。
彼女こそが、ミカドを支える大切な腹心であることを実感する話でした。
片目から血を流しつつ、顔を歪ませることなく凛とした姿が素敵。イラストも相まって、とても綺麗なひとだと感じました。
こちらがダブルヒロインの双角だったら良かったのに・・・・・・

 

今回は、前巻の「レギオン」の件を含め色々と裏で動いていた人物が判明し、それ自体は衝撃な展開でした。
彼女に対する複雑な心情をミカドが零したシーンもすごく印象的。彼はどれだけ前王妃を愛していたのか。切ないなぁ。
このままリューリリリィと敵対するのか、それとも味方にできるのか。ここから先の展開が読めず、続きはとても気になります。

 

気になるのだけど・・・・・・私、リューリリリィ姫がとても苦手なんですよね・・・・・・

彼女が出てくるだけで「うっ・・・」となるのが読んでて辛いんです。
やたらと淫靡なキスシーンがセットでついてくるせいだと思う。あれ、ちょっと描写が気持ち悪くて。
ぐちゅぐちゅしたキスシーンって昔から苦手なんです。1巻だけかと思ってたら今後もありそうだからスルーできなくなってきた。

 

でも話自体は面白いので次巻もたぶん読みます。
エチカの健全さでリューリリリィの不健全さを吹き飛ばしてくれー!

 

スポンサーリンク
 
0

「リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。ブログ全ページ読破しましたよー!!
    みかこさんとは好みが合うのでとてもとても参考になりました。(主に図書館のお世話になってますが)
    伯爵と妖精とか薬屋のひとりごととか出会わせてもらって感謝してます!
    そして、またブログ最初から読み直しますね(笑)
    これからもよろしくお願いします。

    1. みっちーさん、コメントありがとうございます。

      全ページ読破・・・!!!
      ありがとうございますありがとうございます!めちゃめちゃ嬉しいです〜〜〜
      好みが合っているという言葉ににやけてしまいました。同志!
      「伯爵と妖精」も「薬屋のひとりごと」も大好きな作品なので気に入っていただけて良かったです。
      これからもよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。